無料の会員登録をすると
お気に入りができます

エアコンの設定温度を27度にしていると、旦那が必ず25度に下げてしまう。電気代ってそんなに違うものなの?

ライフスタイル

冬場の寒さに対応するために、エアコンの暖房を使う家庭も少なくありません。でも気になるのは電気代ですよね。ママたちが意見交換をするママスタコミュニティのあるママの場合、電気代にうるさいのはママではなく旦那さんのようです。

『冬場のエアコンの温度設定を25度以上にするなと旦那が言う。私は27度にしているけれど、そんなに電気代が違うものなの?』

エアコンの温度設定で旦那さんともめているママ。温度を1度変えるだけで電気代が安くなるという話はよく聞くのですが、実際にどのくらい違うのでしょうか。

エアコンを設定温度によって電気代はどのくらい変わるの?

エアコンの設定温度について省エネ効果を狙うのであれば、冬の暖房時の室温は、20度が目安だそうです。外気温6度のときにエアコン(2.2kW)の暖房設定温度を21度から20度に下げ、1日9時間使用した場合、年間で約1,430円の節約になります。また必要なときだけエアコンをつけるようにして使用時間を1日1時間短縮すると、年間で約1,100円の節約になります。

参考:経済産業省資源エネルギー庁「省エネポータルサイト」

朝一番に起きるから部屋が暖かくないと嫌

旦那さんが節電を意識してエアコンの設定温度を25度にするようにいうのであれば、旦那さんの意見も間違いではないことになりますね。設定温度を変えれば節電効果があるのは確かなのですが、ママにも事情があるようです。

『朝起きて、25度だと全然部屋が暖まらない。27度で部屋を暖めていると、部屋が暖まったくらいに旦那が起きてきて温度チェック。ピピッと下げる』

朝一番に起きるのはママです。寒いキッチンで朝ご飯の準備はしたくないので、ママが快適に過ごせる温度に設定したいですよね。旦那さんは部屋が暖かくなってから起きてくるので、25度設定で暖房のスイッチをオンにした後しばらくは寒いというのがわからないのかもしれません。

旦那さんは暑がりなだけでは?

『夏は自分が暑がりだから、クーラーはガンガンつける。部屋のドアを全開にして廊下や階段まで冷やそうとする』

もしかしたら、旦那さんはただ単に暑がりなだけではないでしょうか。夏場は部屋をかなり冷やすらしく、そのときは電気代を気にしていない様子です。旦那さんにとって27度だと暑すぎるので、すぐに下げてしまうとも考えられます。

電気の使い方にうるさい旦那さんたちのエピソード

投稿してくれたママの旦那さんは、エアコンの設定温度だけではなく他の家電に関しても何かと気にしているようです。

『ご飯の保温も消される、消して放置。消えているいから空だと思って開けたら、中身が入っていてビックリ』

炊飯器のスイッチのオンオフについても気にするという旦那さん。エアコンの場合には暑がりなだけかと思ったのですが、やはり電気代が気になるのでしょうか。実は節約にいそしむ旦那さんは少なくないようで、他のママたちからもこんなコメントが寄せられています。

『うちもだよ。勝手にエアコンの温度を下げられるし、お風呂も追い焚きをすぐ切られる』
『うちもうるさい。お風呂のお湯張りはしないでシャワーにしろと言われたり』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ