無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[おいしいレシピ]ぽん酢でつくる「牡蠣と野菜のオイル蒸し」

レシピ

キッチンペーパーなどで、水気を拭き取ります。

2、ニンニク、生姜をみじん切りにします。小松菜は5cmに切ります。
フライパンにニンニク、生姜、オリーブオイルを加え、弱火で香りが立つまで加熱します。

3、牡蠣、酒を加えて蓋をし、中火で5分蒸し焼きにします。

4、蓋を外して小松菜、ぽん酢を加え、小松菜がしんなりするまで炒めます。

5、器に盛り付け、水気を切った大根おろし、万能ネギを散らして完成です。

牡蠣のクリーミーな味わいにぽん酢がよく合い、ご飯にもお酒にもぴったりの1品に。
今回は、ぽん酢の味をとことん堪能したかったので、大根おろしにもぽん酢をかけました。

味付けがぽん酢のみでも、醤油の塩味に加え、柑橘果汁の甘味・酸味が詰まっているので、味わいに深みが出ます。
オイル蒸しにすることで牡蠣もふっくらと仕上がり、食べ応え抜群です。

また、ぽん酢は、煮物をつくるときの隠し味(小さじ1程度)としてもおすすめです。すっきりした味に仕上がりますよ。

ドレッシングにも注目

濱口醤油さんは、ぽん酢のほかにドレッシングもつくっています。
醤油ベースに炒いりこ、すりごま、ガーリックパウダーが入っているのでガツンと旨味がありつつも、後味で柑橘の甘さが広がり…こちらも相当おいしいです!

サラダをはじめ、肉や魚のソースとして添えても◎。

「柑橘と炒りいりこの瀬戸内ドレッシング」はこちら

おなじみの調味料でも、こだわりのものを食卓に取り入れるだけで料理のバリエーションが広がります。
これからの季節、鍋などでポン酢やドレッシングを使うことはもちろん、味変として食べ比べしてもたのしそうですね。

そのまま食べてもおいしい、料理にも使える万能調味料のぽん酢!
ぜひお試しくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ