無料の会員登録をすると
お気に入りができます

イ・ビョンホンが大絶賛! 衝撃的すぎるシナリオの中身とは?

日々の忙しさを言いわけにいろいろなことを後回しにしていませんか? そこで、仕事に追われてばかりで、大切なことを見失いがちな人にオススメしたい映画をご紹介します。それは……。

カルチャー

イ・ビョンホン主演最新作『エターナル』!

【映画、ときどき私】 vol. 142

韓国にある証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン。英語教育のためにオーストラリアに留学させた息子と妻とは離れ離れに暮らしていた。ところがある日、ジェフンの会社が膨大な不良債権を出して破綻し、一瞬にしてすべてを失ってしまう。

失意のなか、ジェフンは家族が暮らすシドニーを訪れるが、そこで隣人の男性と親しくする妻の姿を目撃することに。そして、妻子の日常を密かに探り始めたジェフンだったが、そこにはある驚愕の真実が隠されていた……。

“超一級のサスペンス” と呼ぶにふさわしいほど、最初から最後まで息を飲むミステリアスな展開が繰り広げられている本作ですが、その裏側や見どころについてこちらの方にお話を聞いてきました。それは……。

本作で長編デビューを果たしたイ・ジュヨン監督!

もともと韓国の巨匠イ・チャンドン監督のもとで脚本を練り上げていたというイ・ジュヨン監督ですが、今回は人気俳優ハ・ジョンウさんが代表を務める映画制作会社によって制作が決定。さらに、主演にはハリウッドスターとしても活躍するイ・ビョンホンさんを迎えるという豪華な布陣が揃ったことでも注目を集めています。

新人監督の初長編作に韓国映画界を代表する方々がこれだけ集結することは珍しいと思いますが、いかがですか?

監督 最初からこんな素晴らしい方々が集まるとは思ってもいなかったので、ものすごく大きなプレッシャーを感じました。脚本を作っていくなかで、イ・チャンドン監督の指導を受けることになり、企画にも参加していただけることになりましたが、そもそも私はこの映画が商業映画になるとは考えてもいなかったんです。

そんななか、イ・ビョンホンさんが出演しますと快くおっしゃって下さってから大きな話になり、ハ・ジョンウさんの制作会社にも加わっていただいたので、すべてが終わってみたら、華やかなメンバーが揃っていたという感じでした。でも、そのぶん観客の方たちの期待値がすごく高くなっていたので、それに対するプレッシャーも大きかったですね。

脚本を作る過程でイ・チャンドン監督から影響を受けたことはありますか?

監督 私はもともと広告関係の仕事をしていたので、どんなふうに見せるかということをこれまでは大切に考えてきました。でも、イ・チャンドン監督のもとで勉強していくなかで、何を見せるかということ以前に「人間とは何か」ということについて悩んだり、人間を見つめる眼差しが大事なんだということを教えていただきました。なので、生きている人たちに対する視線が変わったというのが、一番大きな影響を受けた点ですね。

そうして作られた脚本に対して、イ・ビョンホンさんは「10年ぶりに素晴らしい小説を読んだかのような、心に深く響く作品」と大絶賛。実際に脚本を読んだあとはその余韻でしばらく呆然としてしまったそう。

イ・ビョンホンさんから高く評価されたことに関してはどう感じましたか?

監督 私が思っている以上に褒めていただいたので、「褒められすぎだな」と思って、それもプレッシャーにはなりましたね(笑)。というのも、私は新人監督ですし、これまでのフィルモグラフィーをまったく知らない方たちからは、「どうしてそんなに大騒ぎしているんだ?」と言われていたからなんです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ