無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美キッチンに近づく。「水切りカゴ」のない暮らし

インテリア

吸水マット

クッション製がある吸水マットなら、水滴がついた食器を置いてもびちゃびちゃにはなりません。通気性・速乾性はコットンリネン素材のふきんの方が優れているので、ライフスタイルに合わせて検討してみてくださいね。

珪藻土プレート

珪藻土といえばコースターやバスマットが人気ですが、最近は水切りプレートとしても注目されているんです。吸水性・速乾性に関しては、代用品の中で最も優れていると言ってよいでしょう。

あえてデメリットを挙げるなら「衝撃に弱い・割れやすい素材」「サイズの割に価格が高め」という点です。

竹ザル

天ぷらやお蕎麦をのせたり、野菜を干すための道具というイメージが強い「竹ザル」ですが、食器の水切りにも使用できるんですよ。

カビの繁殖を防ぐため、使い終えたあとはしっかり乾すようにしましょう。吊るして収納すれば、スペースをとらずに乾燥もできて一石二鳥です。

水切りカゴは必要?いらない?

roomclip.jp

シンプルな暮らしを理想とするなら、まずは普段何気なく使っている物が「必需品なのか」「そうでないのか」を見つめ直すことが大切です。

「あったら便利」と思う道具は、"目指しているライフスタイルに合っているか・合っていないのか"を考えてみることで、おのずと必要性が見えてくるでしょう。

あなたにとって、水切りカゴは必要な物でしょうか?いらない物でしょうか?それぞれのメリットとデメリットを踏まえた上で、理想の暮らしに合うアイテムを選んでみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ