無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“「余白」を愉しむ”の一言に惹かれました。このダイアリーが落ち着かない日々のおまもりになってくれそうな予感

ライフスタイル

昨年は予期せぬ事態が起こり、心身ともに落ち着かない1年でしたね。

まだまだ混乱は続きそうですが、今年は肩の力を抜いて、ちょっとだけゆったりとした時間を楽しんでみませんか?

今回はそんな“余白のある生活”が過ごせちゃいそうなダイアリーをご紹介します。

“余白を愉しむダイアリー”が気になる…

@kira.honoka / Instagram

“「余白」を愉しむダイアリーです。”という表紙の言葉に目を惹かれる、こちらの「MDノートダイアリー」。文庫サイズ(税込990円)、新書サイズ(税込1,100円)、A5サイズ(税込1,210円)が用意されています。

こちらのダイアリーは、シンプルかつ余白の多いフォーマットが特徴。自由自在な使い方ができ、使う人のクリエイティビティを刺激してくれるつくりになっています。

用途によって自由自在に使えちゃう

@hrnnk___ / Instagram

中はブロックタイプの月間スケジュールと、見開きで1週間スケジュールにも使える8分割の横罫メモ、無罫のメモページで構成されています。

月間スケジュールのページは、周囲に余白がたくさん。空いているスペースには、TODOリストやスケッチ、ひらめいたことのメモなどを書き込めるようになっているんです。

8分割できる横罫メモのページは、日にちごとに分けて予定を記入してもよし、アイデアを記録するノートとしても活用できそうです。

@hrnnk___ / Instagram

また、こちらのダイアリーには1日1ページのタイプも(文庫サイズ 税込2,530円、A5サイズ 税込3,850円)。ブロックタイプの月間スケジュール、385ページのフリーページで構成されています。

フリーページには端に数字が印字されているので、細かい予定を書き込むことが可能。もちろんイラストを描いたり、日記のように1日の出来事を記入したりするのもおすすめです。

余白のある生活を過ごせるかも

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ