無料の会員登録をすると
お気に入りができます

限りなく“すっぴん”志向!素肌が美しく見える究極のナチュラルメイク入門

春を迎えて、重いコートを脱ぐように、メイクも軽やかに! そこで、すっぴんじゃないけれど、素肌そのものが美しく見える、究極のナチュラルメイクをご紹介。お休みの日やおうちでデート、なんてときに、おすすめです。「素肌がキレイだね」って、お褒めの言葉ももらえそう!

2018年3月
メイク

春の気分にぴったりの“すっぴん風ナチュラルメイク”

いま、時代は限りなく“すっぴん”志向に! 素肌の持つみずみずしさや、透明感をファンデーションで隠してしまったり、濃いメイクで派手な印象になってしまうのはもったいないですよね。

instagram.com

気になる肌悩みはさりげなくカバーし、素肌の軽やかさ、明るさを感じさせる、“すっぴん風ナチュラルメイク”に、この春はトライしてみませんか?

No厚塗り!“すっぴん風ナチュラルメイク”は肌づくりがすべて

“すっぴん風ナチュラルメイク”に必要なアイテムはコレだけ。ファンデーションは塗らず、化粧下地、ハイライト、フェースパウダーで仕上げます。

Photos:Toshiyuki Furuya

クリームやジェルタイプのチークを仕込み、肌の内側から湧き上がるような自然な血色感を演出。そして、ほんのり色づくリップクリームで仕上げます。みずみずしく、ふっくらとした血色リップによって、肌の美しさが強調されます。

では、手順を動画でチェック!

instagram.com

1.化粧下地で肌を明るくなめらかに整える

2.頬、鼻筋、まぶた、あごにハイライトを入れる

3.チークを仕込んで血色感を演出

4.フェースパウダーでふんわり仕上げる

5.色つきリップクリームで血色感とうるおいをプラス

仕上がりを左右する、“すっぴんナチュラル風メイク”のポイント

ポイント1:化粧下地はつけすぎない

肌に大きな悩みがなければ、ファンデーションを使わなくてもOK! 肌を明るく整える化粧下地を選び、肌に薄くのばします。このとき量が多すぎないように注意。

量が多いと白っぽくなり、仕上がりが不自然に。まず手の甲などに取ってから、肌にのせます。

記事に関するお問い合わせ