無料の会員登録をすると
お気に入りができます

限りなく“すっぴん”志向!素肌が美しく見える究極のナチュラルメイク入門

メイク

ポイント2:3点置きしてから、のばす

化粧下地をまんべんなく塗るコツは、最初に肌につける量を肌に置き、その量だけで仕上げ、つけ足さないこと。両頬、そして額に置き、指を使って、顔の中心から外側に向かってのばしていきます。

ポイント3:目立つ毛穴部分はていねいに

小鼻や頬など、毛穴の気になる部分は、指を使ってていねいに仕上げます。一方向だけでなく、いろいろな方向から指を動かし、毛穴部分を埋め込むように。

ポイント4:目のまわりは薄く

目もとはくすみやクマなどの気になる部分。しっかりカバーはしたいけれど、厚塗りになると、かえってヨレやすくなります。化粧下地は薄く、指で軽く叩き込んでなじませます。

ポイント5:細かいカバーにはコンシーラーも活用

化粧下地だけでは、カバーが物足りない…というときは、コンシーラーの出番です。カバーしたい部分だけに使い、上からフェースパウダーをかければ、自然な仕上がりに。

みずみずしく、フレッシュなナチュラル美人のできあがり!

肌に血色感とみずみずしさがあり、透明感のある仕上がり。メイク感を感じさせず、フレッシュな魅力が際立ちます。「すっぴんがキレイ」と評判に! リラックスして過ごしたい日におすすめです。

Hair&Make Up:Aya Murakami

ツヤと自然な血色感が肌を美しく見せる

ファンデーションを使わないので、素肌っぽさが引き立ちます。チークを仕込むことで、肌の内側からにじみでるような血色感が誕生。

そして、まぶた、頬の上(目の下の三角ゾーン)、鼻筋、あごの部分に入れたハイライトによって、メリハリのある立体フェイスに仕上がります。

記事に関するお問い合わせ