無料の会員登録をすると
お気に入りができます

東京初の水上ホテルが天王洲に誕生!都内にいながら気軽に海外気分を満喫

旅行・おでかけ

東京初の水上ホテル!生まれ変わる天王洲の新スポット

レセプション

天王洲アイル駅から徒歩5分、運河に浮かぶ東京初の水上ホテルとして2020年11月にオープンした「PETALS TOKYO(ペタルス トーキョー)」。

天王洲を倉庫街からアートシティへと生まれ変わらせ、天王洲のまちづくりを牽引してきた「寺田倉庫」が運営する新しいスポットです。

日本にいながら海外の雰囲気を味わってもらいたいという想いから構想が始まり、古くから運河の街として発展したオランダ・アムステルダムの「ハウスボート」をイメージして作られたそう。

日本ではあまり馴染みのない「ハウスボート」とは、居住型の船のことで海外では一般的なのだとか。

「ハウスボート」ならではの、ぷかぷかと水面に浮いている感覚が味わえるんです!

ラグジュアリーな空間とお部屋からの絶景で、今までにないホテル体験!

左から「PETAL 2」、「PETAL 4」

イベント会場として使われる船上の多目的施設「T−LOTUS M」の両脇に4隻の小舟の客室スペースがあります。

名前の「PETALS」は花びらという意味で、4隻の小舟を水面に浮かぶ蓮の花びらに見たてて、このように名付けられたそう。

外観はアーティスティックで個性的なデザインで、どれもおしゃれ!

左から「PETAL 2」居間、洗面所

客室は「モダン&スタイリッシュ」、「ライト&クラッシー」など、それぞれの部屋にコンセプトが設けられており、高級感あふれるラグジュアリーな空間。

海外っぽい雰囲気を出すために、日本語のものはなるべく置かないようにしているのだそう!

左から「PETALS 3」、「PETALS 4」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ