無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長所も短所もある。感受性が豊かな人の特徴10個

ライフスタイル

感受性が豊かだよね。

こんな言葉を聞いたことはありませんか。他人がそう言われていたり、テレビや本の中で出てきたり。

感受性が豊かな人の中には、周りから好かれる人もいます。正直、うらやましい気もしますよね。

感受性が豊かとは、そもそもどういうことなのでしょうか。そして、感受性を豊かにするコツはあるのでしょうか。気になることばかりです。

「感受性が豊か」の意味

そもそも「感受性が豊か」とは、どういう意味なのでしょう。

「感受性が豊か」は、感性が鋭く「外界の刺激や印象を感じ取る働きが優れていること」という意味になります。

ざっくりと、繊細、敏感、ともいえますね。

感受性が豊かな人の特徴

続いて、感受性が豊かな人の特徴を解説します。ぜひ自身や周りの人に当てはまるかチェックしてみてください。

(1)優しい

優しさに包まれている性格といえるでしょう。

なぜなら、他人が感じていることをわがことのように受け取れるから。人一倍、相手の立場に立つことができるので、他人にひどいことをしようとは思えない人が多いでしょう。

(2)感動しやすい

テレビ番組などで見かけた、ちょっとしたことでも感動できます。感じ取る力が強いから。

周りが1だけ感じ取るような場面で、5も6も感じ取ることができるのですね。涙もろいところもあるでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ