無料の会員登録をすると
お気に入りができます

焦ってない…? 注目作『29歳問題』から学ぶ正しい30代の迎え方

人生において、女子が一度はぶつかる30歳の壁。仕事か結婚か、答えの見えない問いかけに揺れ動く気持ちは誰もが経験したことがあるはず。そこで、アラサー女子なら共感せずにはいられない注目作をご紹介します。それは……。

カルチャー

どこの国でも起きている『29歳問題』!

【映画、ときどき私】 vol. 162

2005年、香港に暮らすキャリアウーマンのクリスティは、あと1か月で30歳を迎えようとしていた。そんななか、勤め先の化粧品会社では高く評価されて部長に昇進。長年付き合っている恋人もいて、順風満帆に見えていた。しかし、実際は仕事のプレッシャーに押しつぶされそうになり、忙しさのあまり彼氏ともすれ違うばかり。

しかも追い打ちをかけるように、家主から突然の退去勧告を言い渡され、紹介された仮住まいに移ることになる。そこは、クリスティとはまったく違うタイプの女性ティンロの部屋。彼女がパリに旅行している間、住むことになったのだが、クリスティはティンロの日記を読むうちに、気持ちが大きく変わり始める……。

タイトルの通り、29歳は女子にとって、さまざまな困難に見舞われやすい年ごろ。そこで、そんな女子たちのリアルな心情を映し出すことに成功したこちらの方に、悩みを乗り越える心構えや本作の成功までの道のりを聞いてきました。それは……。

長編デビューをはたしたキーレン・パン監督!

もともと、香港では有名な舞台女優であり舞台演出家としても活躍中のパン監督ですが、この作品は2005年に制作・脚本・主演を兼ねた自身のひとり芝居を映画化したもの。

では、そもそもこの題材を選んだきっかけは何ですか?

監督 その当時、私自身がちょうど30歳のときでしたが、周りの女友だちは30歳を目前にしたら、まるで台風がやってくる前の「戸締りをしなきゃ!」みたいな感じで一斉に大騒ぎしだしたんです。

私には全然そういう気持ちがなかったのですが、「なんでそんなに大変なの?」と見ているうちに、もしかしたらこういうテーマを描いたらおもしろいのかなと思うようになり、舞台版の脚本を書き始めたんです。だから、登場するキャラクターは、私の女友だちがモデルになっていたりします。

そんなふうに周りが騒いでいるなか、監督は29歳から30歳になったときはどのような心境でしたか?

監督 そのとき、私は自分のために脚本を書いていて、これを演じたいと思っていたので、それより先の将来がどうなるのかについては、実はあまり考えていませんでした。周りの人たちは、それぞれ志を持って、30歳のときにはこうならなければいけないとか、いつまでに結婚しなければいけないとか、そういうのがあったみたいですけど。

でも、私はわがままなので、自分のために芝居を制作するということしか頭になくて、恋愛のことでさえも考えていなかったですね(笑)。

日本でもクリスティのように仕事に重きを置いている女性が増えていますが、香港の女性はどのような感じですか?

監督 香港も日本と近い状況だと思いますよ。それどころか、今回来日して、こんなにも似ているのかと感じたくらいなんです。どこでも、女性たちは同じようなプレッシャーを感じているんですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ