無料の会員登録をすると
お気に入りができます

先輩カップルが語る。結婚する前にやっておいたら良かったこと5選

恋愛・結婚

プレ花嫁研究室が、2018年~2020年に入籍をしたカップル5組にインタビューを行い、実際の体験談のほか、こうやっておくと良かったという先輩たちからのアドバイスを紹介。

これから結婚を控えている、考えている人はぜひ、参考にしてみてください。

(1)お金に関することを知ろう・決めよう!

恋人時代、相手のお金事情にはあまり触れてこなかったという2人も少なくないはず。でも、将来設計や結婚生活を考えるには、非常に重要な部分です。先輩カップルの体験談をもとにどうすればいいのかを考えていきましょう!

・「結婚式を決めて気付いた。2人とも貯金が無い! 貯金額などは早めに確認を」(結婚2年目/Aさんカップル)

→ 結婚して約半年間は、家賃や食費などの生活費を一つの財布にいれて、残ったお金はそれぞれ自由に使っていたAさんカップル! ところが、結婚式場を決めてから、2人とも貯金を全くしていなかったことが判明。急いで財布を一緒にし、毎月の生活費・貯蓄・お小遣いなどを細かく設定したと言います。 支払いもキャッシュレスにして、ポイントを貯めるなどやりくりしながら結婚式資金を貯めたそう。

・「第三者をいれてお互いのお金事情を知る」(結婚3年目/Bさんカップル )

→結婚してからも、お互いの貯蓄や収入などはきちんと話せなかったBさんカップル。そこで、ファイナンシャルプランナーの元へ相談に行き、第三者に介入してもらって貯金額や家計管理について話し合いをしたそうです。

話しづらい内容かもしれませんが、お金に関してはきちんと共有しておく必要がありそう。ただ、なかなか話題にするのが難しいことも。そんなときは第三者に頼ってみるのも一つの手かもしれませんね。

(2)お互いの将来ビジョンをすり合わせよう

家族計画や家・車の購入など、大きなライフイベントはすり合わせが大事。先輩たちはどんなビジョンを、どんな風に話したのでしょうか。

・「日々の生活の中でさりげなく将来プランを聞いていく」(結婚1年目/Cさんカップル)

→Cさんカップルは、日々の生活の中で「子どもは好き?」「結婚しても大切にしたいことは?」など、小出しに互いの価値観や将来イメージをすり合わせ。その中で、思い描く先がずれていないことを認識し、安心して結婚生活に臨めたそうです。

・「欲しいもの、家族計画、お互いのキャリアプランを設計しないと、貯蓄額も見えない」(結婚2年目/Dさんカップル)

→Dさんカップルは、結婚前にきっちりと家や車などお互い欲しいものをリストアップ。さらに、子どもは何人授かりたいか、大学まで行かせるのか、老後はどう過ごしたいかなど細かい未来像もすり合わせた上で、毎年いくら貯めるかなど貯蓄プランを作成。将来設計をすり合わせたことで、2人が想定していたよりも早い段階で貯蓄を始めないと理想には届かないと気付けたそうです。

他人だから考えることは違って当然! ましてや、将来像がピッタリ重なるなんてことはほとんどありません。

大切なのは話し合う中で、互いに譲れないポイントや相手に合わせるポイントをそれぞれが理解することです。

そこから、どんな未来が2人なりのベストかを模索していくのが、ビジョンをすり合わせる本来の目的のはずです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ