無料の会員登録をすると
お気に入りができます

がぶっと頬張りたい。京都の最新「極厚サンド」特集

旅行・おでかけ

京都でおいしいものといったら、抹茶?八つ橋?いえいえ、京都のおいしいものはそれだけではないんです。京都でおすすめしたいのは、びっくりするほどの「極厚サンド」!かぶりつくのもむずかしいくらい厚みのある、インパクト大な極厚サンドをご紹介します♪

chocoholic

京都市祇園フォーエバー現代美術館に併設したミュージアムカフェ「ノースショア (NORTH SHORE)」。ミュージアムカフェのため、美術館観覧の際のみ利用できます。

モダンな店内はかなり広く、開放的です。緑豊かな京都の庭園を眺めながら、人気の極厚サンドを頬張る、贅沢なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

スプラウトグリルチキンサンドイッチ

色鮮やかな極厚サンドはインスタ映え間違いなし!な一品です。野菜もたっぷり入ってボリューミーな極厚サンドですが、ランチメニューはスープもつくそうです。

また、青果店がプロデュースしているだけあって、普段あまり見かけることのない野菜もたっぷり入っていることも人気の理由のひとつのようですよ。

店舗情報

■店舗名:キョウトギオンミュージアムカフェ プロデュース バイ ノースショア(KYOTO GION MUSEUM CAFE produced by NORTHSHORE)
■最寄駅:京阪本線 / 祇園四条駅(出入口6)徒歩6分
■電話番号:075-525-7707
■営業時間:10:00〜18:00
■定休日:美術館営業スケジュールに準ずる
フォーエバー現代美術館公式ページ(http://www.fmoca.jp)
■参考URL:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26029176/
■公式HP:http://northshore.jp/index.html

キョウトギオンミュージアムカフェ
日本、〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570−2

4. 京都市中京区「喫茶マドラグ」

行列ができるほど人気の純喫茶「マドラグ」。こちらはなんと京都中の人々から愛されながらも、2012年に閉店した老舗洋食店コロナのレシピを受け継いで提供しているそう。

大人がゆっくりコーヒーと軽食を楽しむようなレトロな雰囲気のカフェは、さまざまなご縁をつないで現在に至っています。

コロナの玉子サンドイッチ

昭和39年から2012年まで続いていた老舗の洋食店の味を引き継ぎ、改良を重ねながら現在の形になったという極厚サンド。ふわふわの分厚いだし巻き卵が特徴的です。

一度食べたら忘れられないその見た目と味は、昔からの常連さんが通い続けるのも納得です。

店舗情報

■店舗名:喫茶マドラグ
■最寄駅:地下鉄東西線 二条城前駅 徒歩6分 地下鉄烏丸線 烏丸御池駅 徒歩6分
■電話番号:075-744-0067
■営業時間:11:30〜22:00(L.O. 21:00)
※食材がなくなり次第オーダーストップとなる場合があります。
[ランチ] 11:30〜15:00
■定休日:日曜(臨時休業の際はfacebookページ等でお知らせ致します)
■参考URL:https://r.gnavi.co.jp/j1s8t4yu0000/
■公式HP:http://madrague.info/index.html#accesswrap

喫茶マドラグ
日本、〒604-0035 京都府 京都市中京区上松屋町706−5

極厚なサンドイッチを食べに行こう♪

いかがでしたか?オシャレなだけじゃない、味も確かな極厚サンドイッチ。写真で見るより予想以上のサンドイッチの厚みにきっとびっくりするはずです。

このフォトジェニックなサンドイッチを食べに、ぜひ京都に出かけてみませんか?

※記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ