無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ワークマン(WORKMAN)]で買える超おすすめ防災用品5選:セーフティースニーカー・レインスーツ・手袋・防災バッグに上ばきスリッパ!

ライフスタイル

東日本大震災からまもなく10年を迎えようという2月13日夜に、福島沖を震源とする震度6強の地震が発生し、いま一度、防災への備えを真剣に見直したいと考えた方も多いかと思います。そこでおすすめしたいのが【ワークマン(WORKMAN)】。作業服や安全用品を多数取り扱っているため、防災用品として応用できる丈夫で高機能なアイテムがリーズナブルなお値段でめちゃくちゃたくさんあるのです! 今回はエディター沖島が【ワークマン(WORKMAN)】で買いそろえ、常時スタンバイさせているおすすめ防災用品5選をご紹介します。

東日本大震災からまもなく10年を迎えようという2月13日夜に、福島沖を震源とする震度6強の地震が発生し、いま一度、防災への備えを真剣に見直したいと考えた方も多いかと思います。そこでおすすめしたいのが【ワークマン(WORKMAN)】。作業服や安全用品を多数取り扱っているため、防災用品として応用できる丈夫で高機能なアイテムがリーズナブルなお値段でめちゃくちゃたくさんあるのです! 今回はエディター沖島が【ワークマン(WORKMAN)】で買いそろえ、常時スタンバイさせているおすすめ防災用品5選をご紹介します。

【ワークマン(WORKMAN)】

いずれのアイテムも、10年前の4月、地震による津波で甚大な被害を受けた岩手県・陸前高田市へ有志で赴き、避難所での炊き出しと側溝掃除(パンパンに詰まってしまった用水路や排水路から泥やゴミをガリガリ掻き出す)のボランティアに参加したとき、当時のボランティアセンターから「作業用、また余震に備えるためにご自身で必ず準備してください」と指定された必携アイテムでもあります。【ワークマン(WORKMAN)】なら、いざというときに役立つ機能的なアイテムがリーズナブルにそろうので、ぜひ参考にしてみてください。

① つま先芯入り セーフティスニーカー(¥980)

地震や台風など、避難指示が出されるような大災害発生時はとにかく足もとの状況が劣悪です...避難するときは大量の雨水や土砂に注意し、さらに災害後自宅に戻っても、建物や家具のがれき・破片などで埋もれた床面に細心の注意を払いながら片づけをしなくてはなりません。とくに、建具などから飛び出た釘、ガラスや陶器の破片などを普通の靴や長靴などでうっかり踏むと、容赦なく靴底を踏み抜いてきて、思わぬ大怪我の原因になり、大変危険です そこで災害用シューズとしてご用意いただきたいのが、そうした“踏み抜き”防止のインソールや、つま先を守る先芯が内蔵された安全靴やセーフティシューズです。

【ワークマン(WORKMAN)】には、写真のような(↑)ゴム長靴タイプの安全靴やセーフティシューズがものすご〜くたくさんあって実に頼もしいのです。大雨や浸水のなかでの避難行動を考えると「ゴム長靴タイプが安心かな」と思いますが、2011年当時、陸前高田市ボランティアセンタースタッフの方に「浸水がひざ上以上に達したとき、水を通さないゴム長靴だと、水や泥が靴の中に侵入してスポーーーンと抜けてしまったり、重みでかえって身動きできなくなったりしたので、実はスニーカーのほうがザブザブ移動できてよかった」というお話を聞き、首がもげるほどうなずいてしまいました...(*)。また、現場仕事や農作業などで普段は安全靴を使用しない生活を送っている場合、重たくかさばる長靴タイプは保管スペースを大きく占拠してしまうので、スニーカータイプのほうが扱いやすいのではと思います◎。
(*)そのあと追加で「そもそも長靴すら間に合わない高さまで浸水してきたら避難行動も難しいので、そうなる前に、自治体から避難指示が出されたらためらわずに即行動してください!」とおっしゃっていたので、読者のみなさまもそうしましょう!

陸前高田市での貴重な経験をもとにエディター沖島が購入した「つま先芯入り セーフティスニーカー」(¥980)は、【ワークマン(WORKMAN)】の安全靴&セーフティーシューズ(*)のなかでも最安値クラスの商品。一見ふつうのカジュアルスニーカーで、コロンと丸いつま先が特徴ですが、この中に強化樹脂先芯が内蔵されていて、足もと環境が劣悪な災害時に足をカバーしてくれます。24.5㎝〜27.0㎝の0.5㎝刻みの6サイズ+28.0㎝の1サイズ、合計7サイズ展開です。
(*)【ワークマン(WORKMAN)】では、着用者のつま先を先芯によって保護し、滑り止めを備えるといったJIS規格をクリアし、規定された安全性を満たした靴のみを“安全靴”、それ以外を“セーフティシューズ”または“作業靴”とよんでいます。

滑りにくく、厚手で丈夫な合成ゴム底。がれきや破片、突起物などによる踏み抜きが心配な場合は、これも【ワークマン(WORKMAN)】で種類豊富にそろう別売りの踏み抜き防止インソール各種(¥780〜)を併用するとより安心して使えるかと◎。

かかとにループがついているので、いざというときにスポンとスムースに脱ぎはきできます◎。靴幅も広いのでとてもはきやすく、ストレスなくキビキビ行動できると思います。

なお重さは、サイズ24.5㎝・両足で合計約580g。内蔵されている強化樹脂先芯ぶんだけ、ふつうのスニーカーより少し重ためですが、それでも足もとの安全をキープしてくれることに期待大◎。ほかにも、主に女性や足の小さい方向けなど、【ワークマン(WORKMAN)】には安全靴&セーフティシューズが種類豊富にそろっているので、ぜひ、想定される災害状況に合わせた備えを強くおすすめします◎。

② 3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ(¥4900)

傘なんてとてもじゃないが役に立たないほどの大雨や大雪・強風のなかで避難を強いられることを想定して、防水性の高いレインスーツを、1人につき1組、非常用持ち出し袋に常備しておくことを強くおすすめします◎。「3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ」(¥4900)は、強力な防水機能を備えた【ワークマン(WORKMAN)】のオリジナルブランド「イージス(AEGIS)」の人気商品です。【ワークマン(WORKMAN)】店頭では、吊り下げタイプのプラスチックパッケージに入って販売されていることが多いです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ