無料の会員登録をすると
お気に入りができます

幼稚園の入園グッズはどんな柄がおススメですか?先輩ママたちのアドバイスとは

子育て

子どもの好みは数年で変わる?

3歳や4歳で入園したお子さんが、6歳で卒園するまで同じものを使い続けてくれるのであれば良いのですが、中にはお気に入りのキャラクターが変わってしまうこともあるようです。

『長女の入園時はお気に入りのキャラがなかったからちいさなプリンセスソフィアで揃えて作って、その後はプリキュアがいいって言われたから歴代のキャラクターを毎年変えて作った。長男は満3歳児クラスに入園したときは仮面ライダージオウと仮面ライダーゼロワンにハマってたからその柄に。今は魔進戦隊キラメイジャーにしてる』
『息子はプレのときはカーズのキャラクターで、通い始めたときはスパイダーマン。娘はプレのときはバムとケロ、通い始めたときはアイス柄に』
『子どもの友達で「このキャラのがいい!」って言うから毎年作り直してるお母さんがいる』
『当時ハマっていたトミカのはたらくくるまにしたけど、年中くらいで恐竜ブームに変わって年長で作り直した』

お子さんの好みに合わせて作り直した! というママも少なくないようですね。作ることが得意なママであればそれも楽しみの1つでしょうが、苦手なママにとっては苦行でしょう……。お気の毒な気さえしてしまいます。

先を見越して長期間使える柄を選ぶママたち

では、園グッズは「作り直さず卒園まで使わせたい!」と考えるママたちはどうするのでしょうか。

『うちはアンパンマンが大好きな時期だったけど、少し先を見越してサンリオのキャラクターにした。年少途中でアンパンマンは卒業。可愛い系が好きになって年長の今も大切にしてくれてる』
『女の子。オシャレ柄? みたいなものにしてる。鏡とかドレス、口紅とかのアイテムが柄になってる感じの』
『キャラもの以外。キャラクターならプリンセスが無難かな』
『キャラ物は飽きたら嫌だから避けて、パンダが好きだったからパンダの柄にした』

お子さんの好みやそのときの流行りには乗らず、数年先でも使える柄を「ママ目線」で選んでいるようですね。

既製品+アップリケでオリジナリティを

『みんなアップリケを自分で作って付けたり、女の子だとレースを縫いつけたりして工夫してあったよ』
『家にあった生地で作ったからわざわざ買いに行かなかったな。リボンとかつけたらレトロなクマ柄なのに「かわいー」って言って使ってくれてるよ』
『シンプルな生地に好きなワッペンつけた』

既製品を購入しつつ、ワッペンをつけたり、リボンをつけたりとママの工夫がちりばめられています。ひと手間加えるだけで、ぐっとオリジナリティが増しますね。
わが家も息子が3歳で入園した際、息子の持ち物にはすべてワッペンを縫いつけました。というのも、まだひらがなが読めず、自分の名前も認識できなかったからです。文字が読めるようになるまでは「ペンギンのワッペン=自分のもの」と覚えて、自分の持ち物かどうかを見極めていました。それは、息子本人だけでなくお友達にも認知されていたようで、文字が読めない3歳児同士でも、どれが誰の持ち物であるかを判別するのに役立っていました。

用意する時間も楽しんで

手提げバッグだけでなく、上履き入れやコップ袋、お弁当袋など、入園に際して必要な「布製品」はたくさんありますよね。保育園・幼稚園によって準備する内容が違うとはいえ、種類もさまざま、数もそれなりの量を用意しなくてはなりません。裁縫が得意なママであれば楽しい時間も、苦手なママにとっては気が重く憂鬱な時間になりかねません。そんなときには、

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ