無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってトクする♡「器と盛り付け」のおしゃれ見えルール

ライフスタイル

いつもの食卓をもっと素敵に

味はもちろんですが、料理は見た目が美味しそうであることもとても大切。ファッションと同じように食卓も、料理を引き立てる食器を選ぶことで、より素敵に見せることができるんです!

主役は料理。その料理を引き立てるための器を選びましょう。華やかに見える器選びと盛りつけ方のコツをご紹介します。

料理を引き立てる器の選び方

ルール1. 食材が映える色を選ぶ

色合いを美しく見せると見栄えが良くなります。基本的に、鮮やかな料理や色の濃い料理は白い器に、そして白い料理は黒い器に盛ることで料理が映え、より美味しそうに見えますよ。

ルール2. 形を変えて華やかに

お皿というと丸い形をイメージしますが、色々な形があるんです。丸い形ばかりでなく、いくつか違う形を加えることで食卓が華やかになりますよ。

ルール3. 雰囲気に合った素材を選ぶ

料理に合った素材を選ぶことも大切です。和食は温かい雰囲気のある陶磁器を、夏の料理なら涼し気なガラスや竹の器に盛りましょう。

いつもと同じ食材で作ったサラダも木のボウルに盛るだけで、おしゃれな印象に。木の器を使うことであたたかい雰囲気になります。ホームパーティにもぴったりです。

料理を美味しく見せる盛り方

ルール1. 30%の余白を作る

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

美しく見える盛り方のコツは余白を作ること。余白を少なくとも30%は残しましょう。また料理に対して器が大きい場合にも、縁に柄があるデザインなら寂しく見えません。

記事に関するお問い合わせ