無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メイクの仕方がわからなくなっちゃった!子育て中のママから「なんだかしっくりこない」と共感の声が

子育て

年齢を重ねた今、メイクをするうえで気をつけていることは?

子育てをしていると、どうしてもメイクに疎くなってしまいがち。ママたちがメイクをするうえで気をつけていることには、どのようなことがあるのでしょうか。

『流行りのポイントだけは、おさえておかないとなぁと思っている。SNSで美容の達人を見て、トレンドを頭に入れておく』
『眉毛は時代が出やすいから、気をつけている』
『シミを隠したくて一生懸命コンシーラやファンデーションを使っていたけれど、時間が経つとほうれい線にシワができちゃう。隠したいのに薄くしなきゃいけないなんて……』

SNSや雑誌などで、流行りのメイクをチェックしているママもいるようです。筆者も育児休業を終える前、アイシャドウやファンデーションをSNSで検索して新調しました! 年齢に合ったメイク方法やメイク道具なども紹介されており、「便利な世の中だなぁ」としみじみ感じました。

メイクよりも「お肌のケア」を見なおしている

若かりし頃、「化粧をすると、どんどん顔が変わっていく様を見ているのが楽しかった」とママたち。年齢を重ねた今「簡単でナチュラル」を目指すママたちから、基本的なお肌のケアを見なおす声も寄せられました。

『メイク道具よりも、年齢的に基礎化粧品を変えているよ。子どもが大きくなってゆっくりお風呂にも入れるようになったし、スキンケアをしっかりするようになった!』
『若いころ使用していた化粧水や乳液をやめて、年齢に合ったものに変えてみたよ。肌がいい感じだ!』
『メイクも大事だけど、素肌のケアに重点をおくようになったな』

筆者もここ最近、長年愛用していたメイク落としや洗顔フォーム、化粧水などを見なおしはじめました。「畑の土作り」のように、土壌となる肌を改良するところから見なおそうと「お試しセット」なるものをいろいろと試している最中です。値段がお高めのものはやはり肌質がよくなって「いいな」と実感できます。しかし大事なのは、コストパフォーマンス。早いところ、納得がいくスキンケア用品に出会いたいものです。

ママたちが悩んでいるメイクやお肌ケア。若かりし頃とは違う、年齢を重ねた自身の顔だちや肌質に合ったメイク方法や、お肌ケアをじっくり探ってみるのもいいかもしれません。

文・吉岡可奈 編集・藤まゆ花

吉岡可奈
吉岡可奈の記事一覧ページ
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ