無料の会員登録をすると
お気に入りができます

女医10人がオススメ! 腸のお悩み別ドリンク&サプリ

美容

“腸は美と健康の要”と、肝に銘じている女性医師たちに、愛用しているドリンク&サプリをリサーチ。便秘解消や腸内細菌のバランスを整えるなど、腸のお悩み別にレコメンド。試してみて損はなし!

筑波大学との共同開発で生まれた、国産大豆を原料にした短鎖脂肪酸の原液を100%配合。飲み込みやすく、胃酸に溶けないカプセルに閉じ込めることで、腸までしっかりと届く。「本来、腸内細菌が作るものをサプリメントにしてしまうとは驚き」(前山先生)。さらに、短鎖脂肪酸は、“天然の痩せ薬”ともいわれ、肥満をコントロールする働きがあるので、ダイエット効果も。60粒入り¥7,980*税込み(ストリTEL:0120・905・017)

腸に有用な菌の代表格ビフィズス菌を増やしたい人は…

【まずは2週間。食後に摂取すれば、確実に変わる】
腸の働きを整える善玉菌の代表選手、ビフィズス菌。同じ善玉菌の乳酸菌の100~1万倍の数が大腸に生息し、乳酸のほかに、腸内を酸性にする酢酸も作るので悪玉菌が棲みづらい環境にしてくれる。ただ一般的なビフィズス菌は酸に弱いので、摂取するなら胃酸の濃度が低い食後がおすすめ。最近製品化されているものに多く使われているのが、森永乳業が健康な乳児から見つけたビフィズス菌BB536。

「酸や酸素に強く、生きたまま腸に到達することができる注目の菌です」(今井先生)。

「サプリメントなら、胃酸に負けないカプセルを使ったものを選びましょう」(松田先生)。

2週間ほど同じものを継続すれば、効果を感じられるはず。

森永乳業「生きて届く ビフィズス菌 BB536」

小型の植物性カプセル1粒に、50億個のビフィズス菌BB536を凝縮。「BB536株は世界中で食品やサプリメントに使われているので安心感があります。ヨーグルトもいいですが、カロリーなどを考えても、1日1粒でOKなサプリで手軽に摂取できるのでおすすめです」(今井先生)。「腸内環境を良くする作用が報告されているBB536株を摂取できて、コスパもいいですね」(小杉先生)。15粒入り¥980(森永乳業TEL:0120・303・633)

ファインベース「ビフィリゴ10000」

機能性表示食品であるビフィズス菌BB536をメインに、ビフィズス菌を助けるサポート成分で、胃酸による減少の少ない乳酸菌EC-12とイソマルトオリゴ糖を配合。腸内環境を良好にして、便通を改善。「長年研究されてきたビフィズス菌なので、悪玉菌を抑えるだけでなく、免疫力を高めたり、アレルギーの症状を和らげる効果も報告されています」(今井先生)。1日2粒。60粒入り¥6,000(ECスタジオTEL:0800・555・0300)

森下仁丹「ヘルスエイド(R)ビフィーナS スーパー」

胃酸に負けない“ハイパープロテクトカプセル”を採用し、スティック1本に、ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を50億個配合。「独自で開発したシームレスカプセル技術で、ビフィズス菌を生きたまま腸まで届けるのがこのサプリメントの特徴です。私が透析医として勤務していたころ、患者さんにこれを薦めたところ、多くの人が便通の改善を実感していらっしゃいました」(松田先生)。30袋¥3,856*税込み(森下仁丹TEL:0120・181・109)

ドリンクなら手軽乳酸菌を確実に摂りたい人は…

【いつもバッグに忍ばせて、外でも積極的に!】
糖類を分解して乳酸を作る細菌の総称で、腸の中にいる善玉菌のひとつ、乳酸菌。ビフィズス菌と違い、ヨーグルトやチーズなど動物性乳酸菌、漬物など発酵食品に含まれる植物性乳酸菌など、種類が豊富なのが特徴。

「摂取すべき乳酸菌は、個人の悩みや症状によって変わってきます。なので、自分の調子に合わせて、まずは最低でも1週間ほど試してみてください。ヨーグルトで摂る場合は1日100~200gが目安です」(今井先生)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ