無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スグに真似したい!使いやすいキッチンの作り方と実例集

「作業スペースが狭い」「ごちゃごちゃしていて使いたいものが見つからない」「いちいち出したりしまったりするのが大変」。そんなキッチンのストレスを解消するアイデアを紹介します。気分良くお料理ができる、使い勝手のいいキッチンを目指しましょう。

インテリア

使いやすいキッチンに欠かせない7つの要素をチェック

1.どこに何があるのかをすべて把握できている
スペース、お金、時間などの無駄をなくす上で大切なこと。把握できていない人は、整理整頓を後回しにしていませんか?「とりあえず」や「まあ、いいか」で置いた物が増えるほど、どこに何を置いたかわからなくなってしまいます。まずは、すべてのものに定位置をつくることからはじめましょう。

2. 調味料や食材、調理器具などがすっきりと収納されている
キッチンがすっきりしていると、料理や片付けがスムーズになります。いくら片付けてもごちゃついてしまうという人は、収納スペースに対して物が多すぎる可能性があります。勿体無いですが、滅多に使わない物や他のアイテムで代用できる物は処分してもいいのかもしれませんね。

3. 消費期限を過ぎたりストックがなくなったりして慌てることがない
ラベルの向きを変えたりシールを貼ったりして、賞味期限や消費期限、残量などの情報がぱっと見でわかるような収納方法を心がけてください。同時に、冷蔵庫、食材庫、調味料置き場などを定期的にチェックする習慣をつけるのもおすすめです。

4. 使う物を素早く取り出せる
収納方法をちょっと工夫するだけで驚くほど使い勝手がよくなるもの。使用頻度の高い調味料、調理器具、食器などは、手の届く場所に取り出しやすい状態でしまっておきましょう。

5. 清潔でイヤなニオイがしない
口に入れるものを扱う場所だからこそ衛生管理は必須。どんなにおしゃれでも掃除しにくければよいキッチンとは言えません。掃除後のゴミや布巾類の片付けにも注意が必要です。

6. コンロのまわりに燃えやすい物を置いていない
いくら使いやすいからと言って、食用油やキッチンペーパーなどを火の近くに置くのは危険です。収納するスペースがない場合でも、扉裏収納や戸棚下収納を活用してコンロから離すようにしましょう。

7. 作業スペースが確保できている
水切りラックや調味料棚などに場所を取られている場合は、突っ張り収納などを使ってデッドスペースを有効活用。収納スペース付きの作業台や使うときだけ近くに持ってきて作業できるキッチンワゴンもおすすめです。

今すぐ実践!収納の「コツ」と「ポイント」をスペース別に紹介

キッチンに欠かせない7つの要素をもとに、リフォームせずに実践できるキッチン収納術を紹介します。「これは、使える!」と思ったアイデアをどんどん取り入れて、自分にぴったりの快適なキッチンを作りましょう。

■シンク下の戸棚
シンクの下の広いスペースは、大きくて重い物を収納するのに適したスペース。詰め込みすぎないように気をつけるだけで、見つけやすく取り出しやすい収納になります。

例えば、鍋やフライパン、鍋の蓋、トレーなどを、ブックエンドやファイルボックスに立てて収納すると取り出しやすさがアップ。収納力が必要な場合はシンク下収納ラックもおすすめです。また、醤油や料理酒など、高さのある調味料や洗剤をファイルボックスに並べて収納しておけば、液ダレしても簡単に掃除ができます。扉裏用のラップフォルダーをつければ、食品ラップを立てて収納できます。いずれの方法も、引き出し収納タイプと開き扉式収納タイプのどちらでも活用できますが、引き出し収納タイプなら、引き出し用ディッシュスタンドにお皿を立てて収納するのもおすすめです。

小さな引き出し部分は、浅型のプラスチックケースをパズルのように配置してカトラリーやキッチンツール、調味料など、使用頻度が高くてこまごました物をしまっておくと便利で使いやすいです。薄型のものであれば二重に重ねて下段に使用頻度がやや低い物を収納してもいいかもしれません。

■シンク上の吊り戸棚
逆に、高い位置にある吊り戸棚に大きい物や重い物をしまうと、出し入れが大変で使用頻度が下がってしまうことも。できるだけ軽くて大きくない物を置くようにしましょう。

収納のコツは、プラスチックケースを活用すること。棚の高さよりもやや低めで取っ手が付いているケースなら、箱を傾けても中身が落ちたりせず、出し入れも簡単です。中には、お弁当グッズ、ペーパーナプキン、食器用スポンジや布巾のストック、保存容器、お菓子づくりの道具など、1日何度も使うわけではないけど、すぐに手が届くところに置いておきたい物をプラスチックケースに入れます。このとき、保存容器は本体と蓋を分けてスタッキングすると省スペースでたっぷり収納できますよ。

ケースには、使いたい物がすぐに見つけられるよう、中に何が入っているかを大きな字で書いてラベリングしておくのがポイント。1つのケースに複数の物を入れる場合はアイテムの数だけラベルを貼って、ストックがなくなったときに剥がせるようにしておくと便利です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ