無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スグに真似したい!使いやすいキッチンの作り方と実例集

インテリア

「作業スペースが狭い」「ごちゃごちゃしていて使いたいものが見つからない」「いちいち出したりしまったりするのが大変」。そんなキッチンのストレスを解消するアイデアを紹介します。気分良くお料理ができる、使い勝手のいいキッチンを目指しましょう。

■キッチンカウンター
備え付けのキッチンカウンターの下に置くキャビネットや、レンジ台や作業台としても使える収納庫付きキッチンカウンターなど、さまざまな形態があります。

カウンター下の収納は、使用頻度が低い物ほど下に。例えば、取り皿や醤油皿、コーヒーや紅茶、調味料など、普段からよく使う物は立ったままでも簡単に出し入れできる場所に、土鍋やカセットコンロなど使う季節が決まっている物、缶詰やお米などのストック食材、レシピ本など、使用頻度が低めで重い物は床に近い場所がよいでしょう。また、引き出し収納タイプのキッチンカウンターは、カトラリー類や食器類を収納するのにも適しています。

キッチンカウンターの上に物を置く場合は、見せる収納を意識してカフェのような雰囲気にしてもいいかもしれません。

■食器棚
同じような形の食器をいくつも重ねて食器棚の奥にしまい込んでしまったため、取り出すのが面倒になり使わなくなってしまった食器はありませんか?

食器棚を使いやすくするコツは、収納する物をすべて見える状態にしておくこと。奥行きがある食器棚の場合は、マグカップや小鉢のような小さな食器をワイヤーバスケットやプラスチックケースに入れておくと奥の物も引き出して使えるようになります。また、ディッシュラックを活用し、食器を立てて収納すればたくさんあるプレート類もすっきりと収納できます。

間隔の狭い棚や高い位置にある棚は収納グッズを使うことができないので、食器を「日常的に使う物」、「季節感のある物」、「滅多に使わない物」に分類して収納するのが便利。滅多に使わない物は手が届きにくいスペースに、日常的に使う物は取り出しやすいスペースに置き、季節感のある食器はオンシーズンとオフシーズンで入れ替えて使います。

食器棚にカトラリー類をしまうなら、収納スペースにあわせてスタッキングしたり並べたり自由に形態を変えられるカトラリー用の収納ケースがおすすめ。立てて収納する場合は衛生面と安全面に配慮しましょう。

■冷蔵庫
同様に冷蔵庫も、見やすい収納、使いやすい収納を意識すると使い勝手がよくなります。プラスチックケースのような収納グッズを使うだけでもすっきりとした印象に。トレーを使えば一番高い位置の物も出し入れがしやすくなります。種類別に分類するだけでなく、賞味期限の近い食品を手前に置いたりする工夫も必要です。

また、野菜室や冷凍室に入れる物はなるべく立てて収納するようにしましょう。プラスチックケースやブックエンドを活用することで、立てて収納しづらいものも綺麗に収納できできるようになります。

■パントリー
食材などを大量にストックする場合は、お店のように同じ種類の物をできるだけまとめて、消費期限が近い物ほどを手前に並べます。収納しにくい袋に入ったストック類はカゴの中に立てて収納するのがおすすめ。積みにくい缶詰は横にして引き出しやトレーに並べて収納したりすると、すぐに何の缶詰か確認できます。
いずれもパッケージの目立つところに消費期限を書き込んだシールを貼っておくと食品ロスを減らせます。

■ゴミ箱、三角コーナー
燃えるゴミ、燃えないゴミ、ビン、缶など、分別のためのゴミ箱をいくつも置いているせいでキッチンが狭くなると悩んでいる人も多いのでは?省スペースでまとめられるフラップ扉の縦型ゴミ箱やちょっとした隙間にもおける薄型ゴミ箱が人気です。また、シンク下の深さのあるスライド収納にゴミ箱やゴミ袋を設置している人も多いそう。しっかり収納できるため、ニオイが漏れにくく料理中にも使いやすいアイデア収納ですよね。

三角コーナーは邪魔になりやすくニオイの原因になるので要注意。最近は自立式の水切り袋や使わないときは小さく折りたたんで収納できるエコホルダーに切り替えている人も多いようです。

使いやすいよう自分流にアレンジ。キッチンのコーディネート例

最後に、海外のおしゃれで使いやすいなキッチン収納術をいくつか紹介します。ぜひ参考にしてください。

小さなキッチンに大きなカウンターを置く

キッチンと同じ高さのカウンターを使ってL字型キッチン風にするという斬新なアイデア。小さなキッチンでも作業スペースと収納スペースをたっぷり確保できます。真似をするなら、タイルやウレタン加工が施された、火や水に強い素材のカウンターがおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ