無料の会員登録をすると
お気に入りができます

違和感の元!?40代が避けたいNGフェミニンコーデ

ファッション

40代が避けたいNGフェミニンコーデ3タイプ

全体的に甘さが強いとやりすぎに見えることも……バランスがポイントです

レースやフリル、ピンクなど、大人になってもやっぱり可愛いテイストに惹かれる人、女性らしいコーデが好きな人は多いですよね。でも、一歩ずれるとやりすぎになってしまったり、トレンドから離れ、少し古く見えてしまうケースも残念ながら存在します。今回は「おしゃれなフェミニンコーデ」を目指している人に、40代の女性が避けたいコーデと、その改善ポイントについてお伝えします。コーディネート次第でまだまだ楽しめますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

1. 上下甘めフェミニンだとトゥーマッチになりやすい

【OKコーデ】上下甘めのアイテムの時はバランスに気を付けて 出典:WEAR

女性らしい甘めファッションが好きな人は、洋服から小物まで、何を買うにも「女性らしいもの、可愛いものをついつい選んでしまう」という人も多いようです。ですが、いざ着る時に全身で組み合わせると、全体的にこってりしすぎてしまい、野暮ったく見えてしまうことも……。

このケースに当てはまる場合は、一度全身のバランスをチェックしてみてください。色をピンクではなく、写真のような寒色系のグリーンやブルー系に変えてみたり、ふんわりした素材のブラウスをとろみ素材で落ち感がきれいなものに変えたり、シューズをリボンなどの装飾がなく、ごくシンプルなものにしてみたり、と引き算しながらまとめると、大人にちょうどいいバランスに仕上がります。

もしコーデが締まらないなどコーデに迷った場合は、黒のセンタープレスパンツやジャケットなど、甘めなフェミニンアイテムと対極のものを合わせると、大人っぽくきれいめな雰囲気にまとまるので、試してみてくださいね。

2. 全体的にふんわり甘めだと膨張して見えることも

【OKコーデ】トップスが甘めならボトムスは辛口、という風にメリハリを 出典:WEAR

フリルやギャザー、パフスリーブやティアードのデザインなど、甘めなアイテムはふんわりしたシルエットになっていることが多いですよね。ですが髪も巻いて、トップスもふんわり、ボトムスもロングスカート、コーデ全体の色味も可愛い系、となるのは要注意。10代、20代の若い世代の子に人気のゆるふわ系ファッションのような可愛いテイストに傾きすぎると、大人の女性の場合は少し違和感が出てしまうかもしれません。また、体のラインも全部隠れてしまうので膨張して見えやすいというデメリットもあります。

40代の女性がふんわりした甘めアイテムをおしゃれに着たい時は「ふんわりシルエットをコーデの中で上下どちらかにする」「色使いも絞る」という2つのポイントが大切。この2つを押さえると、甘いディテールを引き立たせつつ、スタイルよく見せながら、大人っぽい印象で着ることができます。ティアードトップスに細めの黒パンツという写真のコーデはまさにおすすめの組み合わせです。

また、甘めのトップスの時はダウンヘアよりもきゅっとまとめたほうが、小顔ですっきりとした印象に見える場合もあるので、意識してみてくださいね。

3. ちょっと古い? タイトなフェミニンコーデ

【OKコーデ】甘めコーデこそ「今っぽさ」が必要です 出典:WEAR

今のトレンドでは、気合いを入れて盛るよりも、どこか力が抜けたようなリラックスしたムードが今っぽくておしゃれ、とされています。そのため、タイトな薄手ニットにタイトスカート&パンプスという、体にフィットした組み合わせは抜け感がなく、セクシーさが強く見えてしまうと、フェミニンさより古くささを感じてしまうことも……。

そんな時はあえて、旬のゆるっとしたシルエットに変えてみるのも手。写真のようなワントーンコーデも簡単に今っぽく見えるのでおすすめです。フェミニンなコーデこそ「今っぽさ」を意識して取り入れると、今のトレンドにもフィットした、おしゃれ感のあるコーデに仕上がりますよ。

40代に違和感のないフェミニンコーデ、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ