無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「マタニティレギンス」のおすすめ9選!妊婦さんのメリットや選び方も

ファッション

妊娠中の定番ファッションアイテムであるマタニティレギンス。冷え防止はもちろん、ゆったりトップスなど、レギンスがあるからこそ着られる服も出てくるので、マタニティファッションを助けてくれます。素材や形などさまざまな種類が発売されているので、選びの基準とおすすめレギンスをご紹介します。

マタニティレギンスのメリットは?

・ウエストの部分に伸縮性があるのでお腹が大きくなってもラクに穿ける

マタニティ用のレギンスは、ウエスト部分に伸縮性があり、お腹が大きくなっても締め付け感なく穿き心地が良いのが最大のメリット。なかには、お腹を包み込むことでサポーターの役割を果たしてくれるレギンスもあります。

・お腹をすっぽり包んでくれるので身体を冷やさずに過ごせる

ウエスト周りに生地をたっぷり使っていて、おへその上まで包み込んでくれるのもマタニティレギンスの特徴。お腹をしっかり温められるレギンスは、冷えが大敵な妊婦にとってファッションだけでなく体調管理するためのアイテムとしても重宝します。

・産後もすぐにお腹が戻らないので引き続き頼りになる

産んだ誰もが驚く、“産後もしばらくお腹が戻らない問題”。妊娠前のパンツが穿けるようになるのは時間がかかる場合が多く、また、産後しばらくは外出もできないので、おうちで過ごすリラックスウェアとしてもマタニティレギンスが活躍してくれます。

▼季節別オシャレな「マタニティパジャマ」の選び方!オススメも

季節別オシャレな「マタニティパジャマ」の選び方!オススメも

▼マタニティ期も産後も着回せる!ハッシュニュアンスの服が優秀すぎる

マタニティ期も産後も着回せる!ハッシュニュアンスの服が優秀すぎる

マタニティレギンスはいつから必要?

・多いのは、お腹が大きくなる5カ月頃から

お腹が目立ち始め、それまで穿いていたボトムがきつく感じ始める妊娠5、6カ月頃からマタニティレギンスを使う人が多いようですが、なかには、お腹にストレスをかけないようにと妊娠初期から着用する人も。また、二人目、三人目の妊娠で早くからお腹が出るという妊婦さんも初期から使っていたりします。

・妊婦のマイナートラブルを防ぐため、早めに用意しておくのがオススメ

普通のレギンスとマタニティレギンスの決定的な違いはお腹のサポート具合。どんなにサイズアップしても、通常のレギンスではお腹をカバーしきれなかったり、締め付けがあったりします。妊娠中は冷えに敏感だったり、お腹まわりが痒くなったりするマイナートラブルも多いので、1本は専用のものを用意しておくと安心です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ