無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2021春トレンドまとめ]大人のための流行トリセツ。この春買うべきアイテムは?

ファッション

ちょっぴり後ろ向きな世の中だからこそ、せめておしゃれはポジティブに! スタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんがこの春元気になれるトレンドをご紹介します。

1.ブルーがかなえてくれる普通以上の好感度

手軽に、おしゃれをリフレッシュしたいなら最もそのシーズンらしさを象徴する“色”からアップデートするのが効果的。心が晴れるような明るさがありつつ、知性や品のよさも備えた「空色」がイチ押し!

Kasumi’s recommend!

“元気!”ではなく“気持ちが上がる”ような品のいい明るさが「空色」の持ち味。その新鮮さや、可愛さが引き立つように全体で色を多用しないのがポイント。

Machi’s recommend!

目新しい色に挑戦するときは、顔より遠いボトムから取り入れるほうが簡単。トップスならロゴでチラッと効かせたり、アウターで見える分量を調節してみても。

今年こそは前向きにおしゃれを楽しみたい!――そんな想いを映すかのように、晴れやかなカラーが続々。中でも、きれいめからカジュアルまで振り幅の広いブルーは一番人気。「トレンチのようにベーシックなものを加えることで、新鮮な色もぐっと身近に。色を邪魔しないベージュや白を中心に、少ない色数でまとめれば上品」(加藤さん)。コート¥74800/サードマガジン ロゴT¥12100(ダスモ)・パンツ¥71500(ドゥロワー)/ドゥロワー 六本木店 バッグ¥110000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ) 靴¥33000/ベイジュ(ピッピシック)

2.おしゃれする高揚感ごと着るドラマチックなブラウス

外出の機会が減ったこともあり、今や「せっかく買うなら“映える“服」とおしゃれマインドにも大きな変化が! そんな気分に寄り添う甘口ブラウスは半袖で軽やかさがアップしたぶん、ますます大胆なデザインがトレンドに。

Kasumi’s recommend!

腕が出れば、自然と抜け感も出るのでこんなボリューム袖にも挑戦しやすいはず。甘いディテールは大げさなくらいのほうが潔くて、カッコよく着こなせます。

Machi’s recommend!

ひじ下がほっそり見え、小顔効果も高めとスタイルアップの上でも申し分なし。パンツにインして“上重心”にすればぺたんこ靴や小柄な方でも好バランスに。

「これまでにはない大胆さが楽しいブラウスだからこそ、“なんとなく”着てはもったいない(笑)。ウエストはインして袖以外はタイトにしたり、大ぶりなシルバーアクセで顔や手もとをキリッとさせたり、締めるところは思い切り締めて着こなしにもメリハリを」(伊藤さん)。ブラウス¥19800/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥19800/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ピアス¥14300/プルミエ アロンディスモン(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥16500/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーヌ タヴェルニティ) バッグ¥42900/アマン(アトリエ アンボワーズ)

3.新しいボーダーには気さくさと洒落感がある

ゆったりしたり、きれいな色が増えたり、ほんの少し“遊び”が加わったことで今また新鮮に映るボーダー。柄の中でもトップスで取り入れやすく、おかげで顔まわりも華やぐので、マスク時代――特に1+1コーデが増える夏に向けて、おしゃれのスパイスとして大活躍!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ