無料の会員登録をすると
お気に入りができます

春野菜で疲れた体をリセット!美肌効果・疲労回復におすすめの春野菜まとめ

美容

春野菜の特徴とは?

bybirth.jp

春の野菜には、苦味を感じるものが多いのが特徴的。

その苦味とは、“植物性アルカロイド”という成分。腎臓のろか機能の働きを高くし、老廃物を体外に出す働きや、新陳代謝をUPする働きがあるのだそう。ただ、食べ過ぎると下痢を起こす場合もあるため、注意してください。

そして、他の季節に比べて、春の野菜はみずみずしく、生食に向いているのも特徴的です。冬の間に溜まった疲れを、みずみずしい春野菜を食べてデトックスしましょう!

健康・美容効果◎。おすすめの春野菜まとめ

新玉ねぎ

bybirth.jp

本来、収穫された玉ねぎは、日持ちを良くするために1ヶ月ほど乾燥させます。しかし、新玉ねぎはすぐ出荷されるので、柔らかくてみずみずしいといわれています。また、玉ねぎ特有のピリッとした辛味も少ないため、サラダなど生食でいただくのに向いていますよ。

そして、玉ねぎには血流を良くする働きがあるため、体が冷えやすい人にもおすすめです。

玉ねぎに含まれる“ケルセチン”は抗酸化作用をもつため、老化の原因となる活性酸素を抑えて、血液を運ぶ役割である赤血球がダメージを受けないようにするため、血流を良くするのだそう。春や夏でも、薄着や冷房で体が冷えることがあるので、玉ねぎで体を温めましょう。

ケルセチンには、血液中のコレステロールや血糖値が上がるのを抑える働きもあるため、生活習慣病の予防にも効果が期待できますよ。

アスパラガス

bybirth.jp

細長い見た目からは想像しにくいですが、実は栄養豊富なアスパラガス。特に、穂先の部分に含まれる“アスパラギン酸”や“ルチン”が特徴的です。

アスパラギン酸はアミノ酸の一種ですが、エネルギーの代謝を高める=エネルギーを作り出すため、疲労回復効果が期待できます。

ルチンは、ビタミンPとも呼ばれ、毛細血管を丈夫にして血流を良くする働きがあります。ビタミンCが豊富な食材と一緒に摂取すると、その効果がさらに高くなることが分かっています。食後にいちごを食べたり、パプリカやブロッコリーとサラダにするなど、工夫をしてみましょう。

アスパラガスには、抗酸化作用があるビタミンC・ビタミンEや、βカロテンも含まれているので、美肌効果も期待できます。

茹でるときはカットせずにそのままの形で、熱湯で硬めにサッと短時間で茹でて、氷水ですぐに冷やしましょう。電子レンジで加熱して柔らかくするのもおすすめです。水溶性の成分であるビタミンCやルチンが溶け出しにくくなるため、アスパラガスの栄養素を余すことなく摂ることができますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ