無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[お隣さんちの家計簿事情]約40%の家庭が収入減!逆に“6%の家庭”で収入が増えたワケ

節約・マネー

家計の見直しポイント1位は?見直し支出ランキング

prtimes.jp

「家計を見直すためにどのようなことに取り組まれていますか」という質問に対しては、「変動費の見直し(食費)」が61.5%で最多の結果となっています。また第2位は「固定費の見直し(通信費)」、第3位は「変動費の見直し(食費以外)」が続いています。

上記の調査結果では、コロナ禍により増えた支出の1位は「食費」であったことから、増えすぎてしまった食費を見直したいと考えている人が多いのかもしれません。また、いずれの回答結果も昨年の調査結果よりもポイントが増えており、昨年よりも真剣に家計を見直したいと感じている人が増加しているのかもしれません。

今後の時代の変化に対応していこう

上記調査の結果では、新型コロナウイルスの影響により、多くの人は「家計に変化があった」と感じているようです。特に、新型コロナウイルスの影響で収入が減ってしまった人やゆとりがなくなってしまったと感じる人は、家計に深刻なダメージを受けていると考えられます。

一時的な家計の変化なら、多少ゆとりがなくなっても最終的に持ちこたえられる可能性もありますが、長期的な変化が見込まれる場合は注意が必要です。

また、コロナウイルスの影響による新しい生活様式は、今後の時代の変化に対応するための「ニューノーマル」となりつつあります。当面は今後も同じような支出の変化が続く可能性もありますので、新しい生活様式への変化への適応が求められることになりそうです。

>>併せて読みたい:40歳からやらないと間に合わない!?65歳から必要な「2000万円」を貯める、誰でもできる方法とは

40歳からやらないと間に合わない!?65歳から必要な「2000万円」を貯める、誰でもできる方法とは

会社名: 株式会社エイチーム(Ateam Inc.)出典:prtimes.jp

出典:prtimes.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ