無料の会員登録をすると
お気に入りができます

差がつく"立体小顔ハイライト&シェーディング"を丁寧解説[可愛いの基本ビューティ]

メイク

使うアイテムも入れる場所も今までとは違う視点! ニューノーマル時代にこそ似合う最新テクを紹介します。

立体小顔に見せるテクで
マスクあり&ナシで無敵に可愛く♡

\ 基本アイテムはこれ! /

《サンドカラーのチーク》
ルナソル カラーリンググレイズ EX03
¥6820/カネボウ化粧品(5月21日限定発売)
日焼け後のような自然なサンドカラーが今ドキ。

《ぬく色ハイライト》
ディップイン グロウ クリームハイライター 02
¥3850/コスメデコルテ
スキンケア後のような、潤いとツヤがグッドバランスで叶う。

立体小顔ハイライト&シェーディングMAP

シェーディングプロセスSTART

1 生え際付近のうぶ毛に影色オン
チーク左側の色をブラシに取り、額のうぶ毛が生えている部分に重ねるイメージで入れて。うぶ毛が少し濃く見えるくらいがやりすぎ感なくベター。

2 もみあげ辺りまでつなげる
1の後チークはつけ足さず、もみあげ辺りまでつなげるイメージでブラシを滑らせて。自然な影ができマスクから出る額がコンパクトに見える!

POINT

シェーディングの量の調整はマスト

チークを取る量はこのくらい。たくさん入れると影が濃くなりすぎて古い印象になるので注意!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ