無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これはNG!?40代女性が避けたい半袖Tシャツとその対処法

ファッション

これはNG!? 40代女性が避けたいTシャツの選び方とは

カジュアル感が難しい40代女性のTシャツコーデ、意識したいポイントは?

春夏シーズンに欠かせない「半袖Tシャツ」。ですが定番のカジュアルアイテムだからこそ、40代になってから「いまいち似合わなくなった」「イメージしたように着こなせない」という声も聞かれます。今回はそんな40代女性のTシャツコーデのお悩みをもとに、避けたいTシャツの選び方についてお伝えします。ぜひチェックしてみてくださいね!

1. 白の半袖Tシャツが体操服っぽい着こなしになってしまう

【OKコーデ】しなやかなコットンリネン生地&ボートネックできれいめ見え 出典:WEAR

40代の女性のTシャツコーデのお悩みで、時々聞くのが「白の半袖Tシャツを着ると、体操服のような感じになってしまい、おしゃれに見えない」というもの。

今のトレンドとしても、昔「ピタT」とも呼ばれていたようなぴったりとフィットするデザインではなく、程よいゆとりがある形が主流になっています。また、袖が短いと幼い印象になりますし、クルーネックの襟の部分が太めで目立っているのもカジュアルな印象になりますので、それらの組み合わせで体操服のように見えてしまう、ということも。一度Tシャツの形を見直してみてみるのがおすすめです。

写真のようにTシャツの生地に少し光沢感があったり、しなやかなもの、襟や袖口の処理が細く縫われていてカットソーのようなデザインのものは繊細な印象になるため、より大人っぽく着られておすすめです。

また、白の色合いも重要なポイント。「真っ白」のTシャツは、まさに子供たちの体操服と同じで、清潔感は抜群ですが、スポーツ感も強め。大人のおしゃれ着としてはオフホワイトや、ベージュが混ざっている色合いなど、少しクリーミーな発色のものが合わせやすいです。

2. トレンドのオーバーサイズが部屋着風に見えてしまう

【OKコーデ】ドロップショルダーや袖長めなど、大人向けのオーバーサイズを 出典:WEAR

オーバーサイズは引き続き、今もトレンドですよね。ですが、40代の女性の場合、オーバーサイズの「Tシャツ」に関しては要注意。

一口にオーバーサイズといっても、Tシャツを縦にも横にも大きくしたようなデザインだと、全体的にダボッとしてしまい、パジャマや部屋着に見えてしまいがち。大きめサイズがトレンドだからといって、メンズのTシャツをそのまま着てもおしゃれに仕上がらないのもこのためです。

若い子のストリートファッションならOKですが、大人の女性の場合は、もう少しきれいめに着られるものを選ぶのがコツ。写真のようなドロップショルダーや、身幅にはゆとりがあっても、着丈がハイウエストパンツにインしなくても合うように短めになっているもの、またヒップが隠れるような長め丈でも、Tシャツの裾をそのまま伸ばしたようなものではなく、サイドにスリットが入っていたり、シャツテールと呼ばれるように裾が丸く、ラウンド型にカットされているものを選ぶのがおすすめです。

3. Tシャツを着るとカジュアルさが目立ち、着映えしない

【OKコーデ】少し巻いた髪やまとめヘア、ピアスなど、少し手間をかけるとおしゃれ見えします 出典:WEAR

Tシャツは定番のカジュアルアイテムなので、そのまま着るとやはりある程度カジュアルな仕上がりになります。ですが、カジュアルというより、ラフすぎたり、手抜きしているように見えてしまう場合、それは生活感が出てしまっているのかもしれません。

原因としては色々なことが考えられますが、まずは首まわりや袖まわりが伸びて型崩れしていたり、生地が毛羽立っていたりとTシャツ自体がくたっとしているパターン。着心地がよくて気に入っているTシャツは、あまり考えずにパッと手に取るという流れが多いので、生地の状態にあまり気づかずに着てしまうことも。改めて状態をチェックしてみるのもおすすめです。

また、古着のTシャツを含め、あえて着こんだ感のあるTシャツをおしゃれな印象に着たい場合は、コーディネートの他の部分をきれいめにまとめて。ジュエリーなどで光沢感をプラスしつつ、すらっと見えるようなシルエットに仕上げるのがコツです。テクニックのひとつとして参考にしてみてくださいね。

また、ナチュラルなヘアメイクと、ナチュラルなコットン素材のTシャツという組み合わせが、手間をかけていないように感じられ、さらに部屋着風に見えるケースもあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ