無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2021年も大人気!![バレイヤージュ図鑑]長さ・カラー・トーン別を紹介!失敗しない方法も

ヘアスタイル

1. バレイヤージュとは?

バレイヤージュってどんなカラー?

バレイヤージュは一言でいうと、立体感と透明感どちらも手に入るデザインカラーです!明るい色を筋状に縦に入れ、さらに毛先にかけて少しずつ色が変化するようなグラデーション効果もあります。筋状の明るい色で髪色に立体感を、グラデーションで毛先に透明感を生み出します。
バレイヤージュは色落ちしても根元の色の変化が目立ちにくく、スタイリストの腕によりますが、3〜4ヶ月に1回サロンでメンテナンスすればデザインを長く楽しめます。外国人風の髪色になるデザインが多いですが、入れる色によってナチュラル、フェミニンなデザインも可能です。

このスタイル画像をもっと見る

バレイヤージュとハイライトの違い

ハイライトとバレイヤージュの特徴をまとめました。
【ハイライト】
・筋状に明るい色を入れる
・ブリーチ範囲が少ない=比較的ダメージを抑えられる
・立体感のある髪色になるから髪全体がのっぺりしない
【バレイヤージュ】
・明るい色を筋状&グラデーション状に入れる
・根元とのコントラストを強めると3〜4ヶ月はデザインが崩れない
・立体感と透明感どちらも手に入る
・ブリーチ範囲がハイライトより広めになるので、ダメージはやや強め
立体感を出せるのはハイライト、バレイヤージュともに共通しています。バレイヤージュは毛先にかけてグラデーション状に色を入れる工程があるので、ハイライトに比べると透明感強め。ダメージもやや強めになりますが、サロンによっては独自技術でダメージを抑えたブリーチを使用し、ダメージを回避できるような施術も可能です。

このスタイル画像をもっと見る

2. バレイヤージュの失敗回避法

セルフで失敗しないやり方

最初に残念なことをいってしまいますが、セルフバレイヤージュはあまりおすすめしません。バレイヤージュは筋状の明るい色と毛先のグラデーションを作って仕上げますが、セルフで自分で行うには難しいです。とくに筋状に明るい色を入れる工程では、違和感のない筋の太さにデザインしなければいけないですが、プロでも難しい技術になります。
どうしてもセルフバレイヤージュを試したい場合は、比較的失敗しにくい顔まわりや前髪で試してみましょう。その場合、使うカラー剤は泡タイプではなくクリームタイプを使います。泡タイプでバレイヤージュ特有の筋を作るのは難しいからです。
見よう見まねでセルフバレイヤージュをするのではなく、一度動画で美容師さんがバレイヤージュ施術を行っている様子を見てみると安心。とはいっても、ワンカラーのセルフカラーとは違って技術的な難しさが多いので、やはりプロに頼んでバレイヤージュを楽しむことをおすすめします。

このスタイル画像をもっと見る

失敗しない美容室でのオーダーの仕方

バレイヤージュで失敗しないためには、次の4つのポイントが大切!
・好きな雰囲気を伝える|ナチュラル系、外国人系、フェミニン系、大人系など
・カラー履歴を伝える
・バレイヤージュ技術が得意なスタイリストがいるサロンでオーダーする
・なりたいスタイルの写真を数枚見せる
なりたいスタイルの写真は、1枚ではなく数枚見せることでスタイリストさんに理想のイメージを伝えやすくなります。できれば、事前にサロン情報をチェックしてバレイヤージュ技術が得意、売りにしているスタイリストさんがいるかどうか公式HPやSNSで調べてみましょう。
バレイヤージュで失敗する主な原因は、スタイリストさんと仕上がりイメージの共有ができないことと、スタイリストさんの腕です。ハイライトが太すぎて違和感のある仕上がりになったり、髪の赤みが目立ったりと技術的な問題で失敗することもあります。失敗を防ぐために、事前チェックは欠かさないようにしましょう!

このスタイル画像をもっと見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ