無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[私がやめた収納]子ども服を「引き出し」に入れないで!3つの理由と新収納術#整理収納アドバイザー直伝

ライフスタイル

引き出し収納のデメリット3つ

我が家では長年、子供服は引き出し収納でした。掛け収納用のポールがクローゼットにあったものの生かしておらず、もともと持っていたタンスに4人の子供の衣類をしまっていました。

アパート時代から使っていたタンスを使うことに。せっかくのポールを活用していませんでした。

しかし子どもが洋服をキレイに収納なんてできるはずもなく、ぐちゃぐちゃでした。ぐちゃぐちゃでもいいや、と割り切れば引き出し収納でも良かったのですが……。

引き出しの中はどうしてもぐちゃぐちゃになりがち。

デメリットその1

奥のほうに追いやられた服が、存在を忘れられる。こんな服があったのかと着る機会を逃すことも。

デメリットその2

探し物に時間がかかる。子どもが「ないよー、お母さーん」と聞いてくるので、わたしの手間や時間がかかる。

デメリットその3

子供が着替えた後のクローゼットは泥棒が入った後のように散らかる。

以上3つのデメリットから、わたしは子ども服を「掛け収納」に変えてみました。

掛け収納のメリット3つ

メリットその1。どの服があるか一目瞭然。

子供にあれどこ?と聞かれることはなくなりました。

メリットその2。引き出しよりも服を出し入れしやすい。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ