無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40代のための「カラーリングヘア」4選|髪色変えるだけで品良く若々しく、印象変わります!

ヘアスタイル

白髪も気になるSTORY世代は、頻繁なカラーリングによる髪へのダメージも気になるところ。しかし最近のカラー剤の進化には目を見張るものがあります。その代表が「オイルカラー」。従来のカラー剤の約1/10のダメージで、髪にとても優しいんです。今回はそのオイルカラーを使ったカラーリングによるヘアスタイルです。髪色で印象は劇的に変わるから、切らなくてもイメチェンもできます。

オイルカラーとは・・・ アンモニアを使用した従来のカラー剤とは根本的に異なり、成分の60%以上がミネラルオイルでできている。アンモニアはキューティクルを開いて薬剤を浸透させるのに対し、オイルカラーはキューティクルを開かずオイルでコーティングをしていくので、独特なアルカリ臭ストレスから解放され、ツヤや潤い、手触りの良さや色持ちなど様々なメリットが期待できる。

品よく見せて、洗練された大人のスタイルに最適な【ナチュラルアッシュ】に

久保田亜希子さん(45歳・外資系金融勤務)

「子どもが春から小学生になり、学校の関係であまり派手な髪色にはできませんが、黒髪は嫌なので落ち着いたブラウンに。白髪もあるので月に一度はサロンでカラーしていますが、オイルカラーは初挑戦。いつもカラー後はオレンジ色に褪色してパサつくのが悩みでしたが、指触りも滑らかになり、髪色だけでなく心までも明るくなりました」

HAIR DATA
アッシュベースのワンカラー。8トーンで全体を染めています。オレンジ味が強くなると肌色が黄色くくすむので、アッシュベースの暗めのトーンで肌の透明感を引き出しました。アッシュは品良く見せて、洗練された大人のスタイルに最適。あまり明るくしたくない人もツヤと透明感を意識すると、人から受ける印象はだいぶ変わります。

ブラウス¥24,200(yori)ピアス¥24,200(ジュエッテ)

ツヤと軽さの出る【ピンクブラウン】はどんなファッションとも好相性

嶋田麻衣さん (45歳・主婦)

「普段から赤系のカラーをしています。髪がぺたんこになるので明るめにカラーしてごまかしていますが、気づいたら褪色が進んでかなり明るい色になっていることもしばしば。ピンクっぽくカラーしたのは初めてですが、品ある華やかさで大満足。娘からも好評で、どんなファッションにも馴染むので気に入っています」

HAIR DATA
ピンクベースにハイライトもピンクの同色で陰影をつけました。全体は10トーン、ハイライトは12トーンで染めているので全体の印象は11トーンくらいです。ハイライトは髪の表面と顔周りに入れてフワッとした感じを演出。ピンクはツヤ感と軽さがでますが、ベースのピンクをそんなに明るくしていないので、ぐっとオシャレに見えますね。髪が硬いも人にや柔らかく見えるのでオススメです。

シャツ¥19,800(コエル)イヤリング¥5,400(アビステ)

控えめ【ダークブラウン】でも顔周り、肌トーンが明るく

林 佳菜子さん (41歳・メーカー勤務)

「カラー後のメンテナンスが面倒になり、ここ5年くらいずっと黒髪でした。でも黒髪に飽きてきたので、久しぶりのカラーにテンションがあがります!顔周りのハイライト効果で、肌のトーンが明るく見えるのに驚きました。髪を伸ばそうか悩んでいましたが、髪色を変えたら新鮮な気持ちになったので、暫くはカラーで気分を変えて楽しみたいと思います」

HAIR DATA
暗めのアッシュ系ベースで全体をカラー。7トーンで染めているので全体が重い印象にならないように、顔周りにだけ細く細かく11トーンのベージュ系のハイライトを入れて動きと抜け感を。顔周りが明るくなるとフレッシュな若々しさが手に入ります。全体の印象は8〜9トーンで、4人の中では一番落ち着いた印象。根元のプリンが嫌な人や、仕事で明るくできない人におすすめです。

シャツ¥8,800(プールスタジオ アリヴィエ)イヤリング¥4,410(アビステ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ