無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ひとつで片想い、ふたつで両想い。神戸で話題の「恋するオープンサンド」

旅行・おでかけ

2021年5月、神戸にオープンした「恋するオープンサンド」。ふんわりした食パンにあんことクリーム、フルーツをトッピングした鮮やかなオープンサンドは、早い日ではお昼過ぎには完売するほど大人気!キッチュなルックスとコンセプト、フルーティなおいしさをご紹介します。

5月1日、“恋の日”に生まれたオープンサンド専門店

「恋するオープンサンド」があるのは、JR「三ノ宮駅」や阪急・阪神「神戸三宮駅」と「元町駅」をつなぐ約400mの高架下商店街「ピアザkobe」の一角。鮮やかな黄色のオーニングが目印です。オープン日は5月1日の“こ(5)” “い(1)”の日。なんともラブリー!

ショーケースにずらりと並ぶのは、同店のオリジナル「恋するオープンサンド」。同じく神戸にある系列店・八百屋カフェの新商品として登場するやいなや瞬く間に人気となり、専門店のオープンへと至りました。

開店前から八百屋カフェで人気だったこともあり、オープン以来多くの人が来店しています。休日には14時頃に売り切れてしまうこともしばしば。

ひとつで片想い、ふたつで両想い!

ぶどう×ミックスベリー 920円(両想い)

これほどまでに人気の理由は、ちょっと斬新なコンセプトにあります。半分にカットした細長いオープンサンドは、ひとつだと“片想い”の状態、ふたつそろって“両想い”になるのです。

ふたつのサンドイッチをくっつけると、フルーツで描かれた図柄がぴたりとフィット。食べてしまうのがもったいないくらいです!

(左)オレンジ×ブルーベリー、(右)キウイ×桃 共に840円

片想いで購入することもできますが、せっかくならば両想いにしてあげたいところ。両想いならすてきなパッケージにも入れてもらえるので、手土産にもよさそうですね。

フルーツとあんことクリームの幸せなハーモニー

フルーツミックス 960円

かわいらしいルックスなので、おうちカフェもぐんと華やかに! このようなシンプルなテーブルコーディネートでもキュートに映えてくれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ