無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[iPhone Tips]え、こんな方法あったの?iPhoneがもっと便利に使える操作テクニック6つをご紹介

ライフスタイル

1タップすることで、各ツールを起動することができますが、各項目を長押しすることで、より便利になるのをご存知ですか?

〈ライト〉なら4段階の明るさ調整ができたり、〈タイマー〉は1分〜2時間の枠で設定ができたりするんです。

他にも〈カメラ〉では目的別に起動できるので、スムーズな撮影が叶いそう。就寝時に愛用する人が多い〈おやすみモード〉なども、コントロールセンター上で細やかな設定が完了できますよ。

画面を長押しするテクニックは、ホーム画面でも大活躍!

Instagramのアプリアイコンを強く押すと、〈アカウント切り替え〉や〈新規投稿〉画面を直接開くことができます。

LINEではこのようなメニューが表示されました。〈通知の一時停止〉は授業の際に便利かも!?

一度自分の愛用アプリを、ホーム画面で長押し​​​​​​してみてくださいね。

アプリは“まとめて移動”が断然おすすめ

以前は1つずつ移動することしかできなかったアプリのアイコン。でも、iOSのアップデートにより、アイコンをまとめて動かせるようになりました。

そのやり方は、ホーム画面の編集で移動したいアプリをドラッグ。次に、一緒に動かしたいアプリをタップして、移動させればOKです。

これならホーム画面のカスタマイズも、スムーズに進められそうですね。

右スワイプで開いているアプリを整理

一度開いたアプリは、バックグラウンドで待機した状態のままとなっているため、時にiPhoneの操作スピードをもたつかせることも…。

そんな時は、利用頻度の低いものから閉じておくとすっきりしますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ