無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「結婚」という形をとる必要はない?「事実婚カップル」でいる理由を聞いた

恋愛・結婚

事実婚をしていて、婚姻届を出さないカップルは意外と多くいるようです。

fumumu取材班は、そんなカップルに理由を聞いてみました。

①一緒にいたいからいるだけ

契約で縛る必要を感じない、「一緒にいたいからいるだけ」というシンプルな考え方なのかもしれません。

「僕も彼女もバツイチで、お互いに経済的に自立しているし、それぞれに子供もいるんです。そうすると婚姻届を出して結婚する意味って、あまり感じません。
デメリットは配偶者控除が使えないくらいしか思いつきませんが、お互いにフルタイムでガッツリと働いていて扶養扱いにもなりませんし。一緒にいたいからいる。それじゃダメなんですかね?」(40代・男性)

②家族付き合いが面倒

結婚すると、当人同士だけの話ではなくなるため…。

「お付き合いの段階ではすべて当人同士の話で済みますが、結婚した途端、家族同士の問題になってしまいます。親戚との付き合いもでき、そうしたしがらみに巻き込まれるのが嫌だという理由で、結婚届を出さない事実婚カップルが増えているようです。
子供を産まず、本人同士がいいのであれば、生涯事実婚状態でも問題ないと思います」(30代・女性)

③お互いに縛りたくなかった

婚姻という制度で、お互いを束縛するのが嫌だったんだそう。

「私と旦那は事実婚です。婚姻届でお互いを縛り付けたくなかったことが大きな理由で、ともに納得の上でこのような形をとっています。私も名字を変えたくなかったし、事実婚がぴったりだと思ったんです。
たまに婚姻届を出していないなんて…と言われることもあるのですが、私たちの人生ですし、少しも後悔はありません。私も夫も、自分らしく生きられていると思います」(30代・女性)

婚姻届を出すことだけが、結婚という形ではなくなってきているようです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ