無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自粛生活なのに出費増…ゆるんだ家計をどう見直す?

節約・マネー

コロナ禍も1年以上が経ち、お金の使い方もずいぶん変わったのではないでしょうか。日本FP協会が発表している、「くらしとお金に関する意識調査2020」によると、コロナ禍以降で増えた支出は、「食費」と「光熱・水道費」で、反対に減った支出は「衣服・美容費」と「娯楽費」ということでした。

「くらしとお金に関する意識調査2020」

慣れて緩んだ財布の紐

この結果からもわかりますが、コロナ禍では旅行やレジャー、飲み会、冠婚葬祭などのイベントが制限され、それらに関わるイベント費や服飾費、理美容代などの支出が減ったので、家計は楽になりました。一方でイベントなどがない分、ついつい日々の生活に潤いを持たせてしまいがちということですね。

慣れとは怖いもので、当初は締めていた財布の紐も、だんだんと緩くなっていませんか? 一番怖いのは、「コロナを言い訳にプチ贅沢が当たり前になり、徐々に生活のレベルが上がった」場合です。

こうなったら、もとの生活レベルに戻すのがとても大変になります。今はイベントがない分のお金を日々のプチ贅沢に充てることができているかもしれません。しかし、コロナが終息してイベントが復活したとき、生活のレベルを落とすことができるのでしょうか?

コロナ禍での生活が1年以上経過した今だからこそ、これまでの家計を見直し、アフターコロナを見据えた家計管理が必要になります。それでは、どんなことについお金を使ってしまいがちなのか、どう対処すればよいのか? お伝えしましょう。

プチ贅沢が当たり前になっていませんか?

使い過ぎを防ぐためにも「先取貯蓄」を増やそう

収入が減っていない場合、イベント・交際費が減った分、家計は楽になっていると思います(食費や水道光熱費の増加分を加味すれば、少し楽になったくらいだとは思いますが……)。しかし、コロナ禍で外食や飲みに行けない分、おうちでプチ贅沢する機会が増え、ウーバーイーツやお弁当、総菜などの利用も増えたのではないでしょうか。

例えば、飲み会代が1万円減ったなら、5000円(頑張れたら1万円)は先取貯蓄に回しましょう。一度財布の紐を緩めるとなかなか戻りませんが、財布にお金がなければ使うことができませんので、必然的に使い過ぎを防いでくれます。

このように、必要以上に生活のレベルを上げてしまうことを防ぎつつ、確実に貯蓄を増やしていきましょう。

旬の食材を食べて応援! 食費の節約にも

食費の節約ポイントは、予算や買い物の仕方、料理の腕などです。詳しくは「外出自粛で食費が増加!非常時でもできる節約術」を参考にしてください。その他にも、膨らんだ食費を賢く節約する方法があるのでご紹介します。

外出自粛で食費が増加!非常時でもできる節約術

■食材は旬のものを
コロナ禍に限らず、免疫力を高めておくことは大切です。安くて栄養価の高い旬の食材を積極的に摂り入れてみるのも一つです。

昨年は冠婚葬祭や旅行などの機会が減り、ホテルや旅館、レストラン等での需要が減ったことで、「フードロス」が問題になりました。大切に育ててきた食材が売れずに処分されることは、生産者にとってなによりつらいことでしょう。

最近は、「フードロス」や「食べて応援」と検索すれば、一般消費者も直接生産者から購入できるサイトが数多くでてきます。こういったサイトで販売されているものの多くが、栄養価の高い旬の食材で箱売りです。

少し量は多いかもしれませんが、友人と共同購入したり、冷凍保存できたりするものなら、多少多くても問題ありません。このように旬の食材を、自分の好きなお店や生産者から買って応援するというのも、良いお金の使い方ではないでしょうか。同様に「ふるさと納税」の活用も、生産者を応援できるうえに、節税にもつながります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ