無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そんな方法あったんだ!整理収納アドバイザーが教える!穴を開けない「壁装飾&壁収納」4選

インテリア

整理収納アドバイザーのhanaです。壁を飾ったり、壁にモノを引掛けたりしたいけど、壁に穴を開けるのはちょっと…という方、多いのではないでしょうか?そのお悩み、解決する方法があります!今回は、筆者イチオシの壁に穴を開けない壁装飾&壁収納の方法を4つご紹介します。諦める前にぜひお試しあれ!

マグネットでくっ付ける方法

1つ目は、壁にマグネットでくっ付ける方法です。

壁にマグネットがくっ付くの?と思いますよね。筆者も最初驚きました。限られた場所にはなりますが、本当にくっ付くポイントが実はあるんです!

おうちの壁の内側には、石膏ボードをとめるためのビスが打ち付けてあり、そのビスにマグネットがくっ付くという仕組みです。

クロスを間に挟んでいるため、重いモノは無理ですが、紙1枚や、軽量のドライフラワー程度なら問題なくくっ付けることができますよ。

筆者は、100円ショップで取り扱いがある「超強力マグネット」や「ネオジムマグネットフック」を使用してくっ付けています。

上記画像をご覧ください。

場所や構造によって異なると思いますが、筆者宅の壁でくっ付くポイントを探してみたところ、100cm×60cmの壁に12カ所ありました。

限られたポイントにはなりますが、ちょうど欲しいところにあればラッキー!

マグネットなので、もちろん穴を開けなくても大丈夫。壁は無傷です。ぜひ、穴を開ける前に試してみてくださいね!

《くっ付くポイントの探し方》

できるだけ強力なマグネットを用意し、壁に沿ってゆっくりコの字を描きながらスーッとマグネットを滑らせます。すると、ビスがあるポイントでマグネットが吸い寄せられてくっ付きます。

「ブル・タック」でくっ付ける方法

2つ目は、「ブル・タック」という商品を使ってくっ付ける方法です。

「ブル・タック」は、粘土のような感触の粘着剤のため、凹凸がある壁紙にもピッタリ密着してくっ付けられますが、キレイに剥がすことができます。

こちらも、1つ目と同様、重いモノには向きませんが、ポスターや写真、軽量で接着面が平らなモノなら安定してくっ付けられます。もちろん壁に穴を開ける必要はありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ