無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そんな方法あったんだ!整理収納アドバイザーが教える!穴を開けない「壁装飾&壁収納」4選

インテリア

整理収納アドバイザーのhanaです。壁を飾ったり、壁にモノを引掛けたりしたいけど、壁に穴を開けるのはちょっと…という方、多いのではないでしょうか?そのお悩み、解決する方法があります!今回は、筆者イチオシの壁に穴を開けない壁装飾&壁収納の方法を4つご紹介します。諦める前にぜひお試しあれ!

筆者宅では、壁に重さ100g程度の木製雑貨をくっ付けたり、こどもが描いた絵を壁に貼り付けたりするのに使っています。

繰り返し使用できるのも嬉しいポイントです。

《使い方》

「ブル・タック」を適量取って丸めて、壁に押し付けて密着させるだけ。剥がす時は、端からゆっくり剥がし、丸めるように転がすとキレイに剥がせます。

「壁紙用フック」で吊り下げる方法

3つ目は、「壁紙用フック」という商品を使って吊り下げる方法です。

「壁紙用フック」は、フックと特殊接着剤がセットになっており、取り付け後24時間経過すると接着剤がゴムのように固まりますが、取り外し後、壁紙に跡が残りません。

もちろん壁に穴を開ける必要はありませんよ。3サイズ展開で、それぞれ耐荷重が500g・1kg・2kgとなっているので、少し重いモノでも吊り下げ可能です。

筆者宅では、エプロンやボックスティッシュ、ポスターフレーム(30cm×40cm)等を吊り下げて使用しています。失敗してもキレイに剥がすことができますし、接着剤が残っていれば貼り直しも可能なので、気軽に取り付けられます。

フックの色が半透明で、目立たないところも気に入っています。

《使い方》

フック裏面の溝に沿って接着剤を塗布して壁に貼り付け、接着剤が固まったら取り付け完了!

取り外す時は、上部の角からゆっくり剥がすとキレイに剥がれます。

「マジカルピンフック」で吊り下げる方法

4つ目は、「マジカルピンフック」という商品を使って吊り下げる方法です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ