無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「付き合うの疲れた…」彼についていけないと思った出来事

恋愛・結婚

精神的に幼い彼氏を持ったら呆れるばかりで疲れる…。

好きな人と付き合えたからといって、ハッピーになれるとは限りません。相手の本質を知り、どんどん冷めたり、疲れてしまうこともあります。

そこでfumumu取材班は、「もう彼に付き合いきれないわ…」と思った出来事を聞きました。

■滑っているのに「ノリ悪い」

「たまに彼がギャグっぽいことを言うけど全然面白くない。最初は無理して愛想笑いをしていたけど、何でつまらないものに毎回笑ってあげなきゃいけないんだろ? と思い、あまり反応しなくなったら『ノリが悪い』と言われた。
ノリが悪いんじゃなく、あんたがダダ滑りしてるだけだわ…。というか、相手や周りに『ノリが悪い』とか言う奴の9割くらいは、自分が盛大に滑っていることに気づいていないよね」(30代・女性)

■中学生で止まっている

「一緒に服を買いに行ったら彼が子供っぽいチェックのミニスカートを指差し、私に『コレ買いなよ。おしゃれじゃん』とすすめてきた。
『そんなの履いて外出れないよ。私もう30代だよ? 10代までだよ、それ履いてOKなの』と拒否したら『いや、30代でも履けるでしょ』と…。彼の脳みそが中学生くらいで止まってる…。
後日、たまたま近所の駅でそのチェックのスカートを履いている子を見かけたが、やっぱり明らか小学生〜中学生くらいの子だった…」(30代・女性)

■どこでも下ネタを話す

「どんな話をしていてもすぐ下ネタに繋げるし、どこでも下ネタを話しだす。正直一緒にいるのが恥ずかしい。
高級系の寿司屋で大きめの声で下ネタを話しはじめた時は、流石にぶっ飛ばそうかと思った…。
別に下ネタ好きでもいいけど、頻度と場所と声のボリュームくらいは考えてほしい…。いい歳こいて勘弁してくれよ」(20代・女性)

好きで付き合っても、付き合っていく中で「え…?」と引いてしまうようなことが多々あったら、疲れますよね。

指摘や注意で改善or直るのならいいですが、なぜダメなのかちっともわからないとか、自分がズレいてることに気づけないでは、もうやっていけない…。そういう場合は別れも検討したほうがいいかも。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ