無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あなたの家の「麦茶」もしかしたら細菌だらけかも…。麦茶を作るときに“やってはいけないこと4つのこと”

ライフスタイル

少しずつ暑い日が増え、水筒が手放せない日が続いていますね。夏の到来を「麦茶の消費量」で感じるご家庭もあるのでは。大量に消費する麦茶を家で作る場合、実はやらないほうがいいけれどやりがちなことがあるんです。料理家で日本茶アンバサダーの佐々木綾子先生に教えてもらいました。

夏の水分補給の代表、麦茶

夏の水分補給の代表と言えば麦茶ですよね。
ペットボトルで買う人もいるかと思いますが、それより経済的なのはやはり家で作ること。麦茶を家で作る際、やりがちだけれどNGな方法を料理家で日本茶アンバサダーの佐々木綾子先生に伺いました。

煮出す派も水出し派も必見です。あなたも気付かないうちにやってしまっていることがあるかも。

家で麦茶を作るときにNGなこと1:麦茶パックを入れっぱなし

煮出し派も水出し派もやりがちなのはこれなのでは。

麦茶パックは入れっぱなしにすると麦茶が傷みやすくなります。そもそも麦茶は他のお茶に比べて「傷みやすい」って知っていましたか?

麦茶の原料は、おもに大麦。大麦にはでんぷん質がたくさん含まれています。
このでんぷん質や蛋白質などは、細菌の栄養素にもなってしまうため、傷みやすいと言われているのです。
なかでも麦茶のパックは、でんぷん質が多いため、傷みの原因となるような菌が増えるのを防ぐ意味でも、入れっぱなしは良くないと言われています。

麦茶のパックを取り出す目安は、30分~1時間。水出しの場合は1~2時間が目安です。
抽出完了後も長時間入れておくのは雑味の原因ともなりますので、抽出が終わったら必ず取り出してから保存するようにしましょう。

家で麦茶を作るときにNGなこと2:麦茶を常温で保存

stock.adobe.com

麦茶は「傷みやすい」とすでに説明しましたが、同じ理由から常温での保存はNGです。
暑い日とはいえ健康のために冷たい麦茶よりも常温がいい……そんなときは冷やしておいた麦茶を温めてください。

ではなぜ、常温での保存がNGかというと、傷みの原因となるような細菌の多くにとって、30~40℃のぬるい温度帯が快適(至適温度として活発になり、増えてしまう原因となる)だからです。

なるべく菌を増やさないようにするには、この「ぬるい」温度帯をいかに素早く通り過ぎるかがポイントになります。
特に夏場は、常温がまさにこの、多くの菌にとって快適な温度となってしまうため、注意が必要というわけです。

家で麦茶を作るときにNGなこと3:ガラス製以外の容器で保存

麦茶の保存にはガラスの容器一択です!

プラスチック保存容器の場合は傷がつきやすく、その傷に汚れや雑菌が付きやすいからです。
一番よくないのは、煮出したヤカンのままにすること。

そもそもヤカンは保存容器ではないので、注ぎ口や隙間から菌が入りやすく、保存には適しません。また、においうつりなど味が落ちる原因になる場合もありますので、粗熱をとったら保存容器に移し替えるようにしましょう。

家で麦茶を作るときにNGなこと4:麦茶のパックをそのまま戸棚に

stock.adobe.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ