無料の会員登録をすると
お気に入りができます

クーラー病に注意!夏だからこそ必要な“冷え対策”を薬剤師が徹底解説

ライフスタイル

夏でも冷え対策が必要なの?

オーダーメイド漢方YOJO薬剤師の道川佳苗です。暑い日が続くと、クーラーの使用も増えてくるもの。

pixta.jp

クーラーがあると暑い夏も快適に過ごせますが、冷やしすぎてしまうと体調不良の原因になります。また、夏の冷えは自覚しにくいので気づかぬうちに冷え切っていることがあります。今回は、夏の冷え対策についてご紹介します。

かかりつけオンライン薬局「YOJO」のHPはこちら

クーラー病とは?

pixta.jp

クーラーで冷やしすぎることにより、血行不良が起こり体調を崩したり、室内と外との気温差が大きいことにより体温調節が上手くできず、自律神経のバランスを崩すことにより体調不良が引き起こされることが「クーラー病」です。

どんな症状が出るの?

クーラーの風が直接当たることにより血行不良が原因の肩こりや首のこり、下半身が冷えることによる足のむくみ、温度差による自律神経のバランスを崩すことによる頭痛やめまい、胃腸など体の内部が冷えることによる腹痛や下痢が起こることがあります。

pixta.jp

その他にも胃腸が冷えることで消化・吸収能力が低下し、食欲不振が起こることもあります。

クーラー病を予防するために心掛けたいこと

温度調節できる服装に

pixta.jp

クーラーの風が直接当たらないようにカーディガンやストールなどを身につけられるように準備しておきましょう。サンダルや素足でも、室内では綿やシルクなどの通気性の良い素材のレッグウォーマーを身につけると足首が温まり、むくみ予防につながります。

温かい飲み物を飲む

pixta.jp

外から帰ってきた時には冷たいものが飲みたくなりますが、冷たいものを飲んだ後は温かいものを飲むなど胃腸も冷やしすぎないようにバランスをとりましょう。

記事に関するお問い合わせ