無料の会員登録をすると
お気に入りができます

住宅ローンで破産!?知っておくべき“ムリのない住宅ローンの組み方”3つのポイント#家計のプロ直伝

節約・マネー

家計簿・家計管理アドバイザーのあきです。気の合うお友達にもなかなか相談しにくい「お金のこと」に悩んでいる人はいませんか? 有料相談に申し込むほどではないけど、ちょっと聞いてみたいお金の疑問に、家計簿・家計管理アドバイザーがお答えいたします。今回は、「無理のない住宅ローンの組み方を知りたい」というお悩みです。

ムリのない住宅ローンの組み方3.将来のライフプランを考慮する

stock.adobe.com

住宅を購入する際に、かかせないのがライフプランの作成です。

将来子どもは何人欲しいのか、学校は公立と私立のどちらを希望するのか、老後はどのように生活したいのかなど。できるだけ具体的なライププランを作成することで、いくらまでの住宅ローンなら負担になりすぎないかを可視化することができます。

20代・30代の夫婦よりも、40代・50代の夫婦の方が子どもの教育費負担が重くなりやすい傾向がありますので、40代・50代と年齢を重ねても住宅ローンが支払えるだけでなく、学費や老後の資金の準備までできるように計画すると安心です。

20代・30代のうちに教育費のための貯蓄を終えておく、住宅ローン控除の期間が終了したのちに繰り上げ返済を計画する、定年の時期を延ばせるよう若いうちから健康に気をつける、車のローンなど住宅ローン以外のローンを安易に増やさない、頭金を多めに用意するなど、将来のライフイベントに即した対策をはやいうちからとることで、将来的なリスクを減らすことが可能になります。

生涯の資金計画にも関わる住宅ローンは慎重に試算することが大切

stock.adobe.com

住宅ローンの適正額は、限度額だけを考慮するだけでなく、ライフプランの作成など、長期にわたる資金計画を立てることが大切です。

支払いが長期にわたるからこそ、なんとなくや思いつきといった安易な契約はできるだけ避けたいものです。

生涯の資金計画にも関わることですので、ぜひ慎重に試算をしたうえで、検討するようにしてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ