無料の会員登録をすると
お気に入りができます

便秘&ぽっこりお腹を解消! 1日5分、簡単“腸もみ”7種

美容

心も体もリラックスできる、基本の腸もみ7種とは? 腸もみエステ「リープル」代表の川村衣里奈さんが教えてくれました。

「どの腸もみも、痛みのない範囲で行うことが大事です。とくに小腸は神経細胞が集まっているところ。ごりごりと押さず、優しくケアを。また、腸は息を吐いている時にリラックスするので、呼吸も大切。鼻からゆっくりと吸ったら、その倍の時間をかけて口から細く吐き出すようにしてください」

基本の腸もみ7種

「体調に合わせて好きなものを選んでOKです。いつ行ってもいいですが、リラックス効果が高いので寝る前がおすすめ。1日5分のナイトルーティンに、ぜひ」

腸もみ1:小腸ツボ押し

おへそまわりのツボを優しく刺激して、血行促進、睡眠の質も免疫力もアップ!

1.仰向けに寝て両膝を立て、おへその下に両手を当てる。息を鼻からゆっくりと吸う。

【OK】

4本の指を平らにして当てる。指先は重ねても。

【NG】

指を丸めた状態は指先が腸に食い込むので避けて。

2.息を吐きながら両手の指でお腹をゆっくりと押す。拍動を感じたらゆっくりと指を離す。へその右、上、左と順番に移動しながら同じように行う。3回繰り返す。

腸もみ2:大腸ガス抜き

腰をつかむ&軽く打ち付ける動きで、大腸に溜まったガスを追い出す。

1.仰向けになって両膝を立て、膝からへそが一直線になるようにお尻を持ち上げる。両手で腰骨をつかむ。鼻からゆっくりと息を吸う。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ