無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外と苦しくない&難しくない「16時間断食」の正しいやり方と注意したいこと|糖尿病専門医が解説

美容

ベストセラーになった医学博士・青木厚さんの著書「空腹こそ最強のクスリ」。すでに多くの人が「16時間食事をしない」というシンプルな健康法を実践し、体の好調を実感しています。そこで、半日断食のやり方について、詳しくお話を伺いました。

なぜ、16時間モノを食べてはいけないのか?

空腹を利用する健康法といえば、断食。でも多くは、専門施設に泊まりこんで数日間行なうもの、というイメージです。本当にわずか16時間で、効果があるのでしょうか?

「私が16時間にこだわるのには、理由があります。そもそも、空腹が健康や若さを維持するためのシンプルな方法であることは、アメリカの多くの研究で証明されています。そんな空腹の効果を享受するために、私自身の体で実践し、辿り着いたのが『16時間以上、空腹の時間を作ると、最大の効果が得られる』という結論でした」と言うのは、著者の青木厚医師。彼曰く、空腹の最大のメリットは、体内の「オートファジー」機能が動き始めることとおっしゃいます。この聞き慣れない「オートファジー」とは、一体どんなものなのでしょうか?

細胞が自ら生まれ変わっていく!

タンパク質は、私たちの生存に欠かせない栄養素です。普段は食べ物から必要なタンパク質を作っているのですが、栄養が入ってこないと、体の生存機能により『体内にあるもの』で、タンパク質を作り出そうとします。これが、オートファジー機能。

「その『体内にあるもの』とは、古くなって壊れたりした、細胞内のタンパク質です。これが体内で放置されたままだと、体の不調や病気の原因となります。ですが、オートファジーが機能することで、その不要なものや老廃物が一掃でき、若々しい体になると言う仕組みなのです」(青木医師)

オートファジー機能は年齢に関係なく、どなたでも活性化させることができます。その唯一の方法が、「空腹」。ですが、オートファジーは、体に栄養が十分あるときにはあまり動きません。だから「物を食べない時間」が必要なのです。

睡眠時間と合わせれば、簡単にできる!

16時間食べない、というとハードルが高く思えますが、睡眠時間と合わせれば、多くの人は朝食を抜くだけで「16時間断食」は簡単にできてしまいます。その際、空腹に耐えられないようであれば、ナッツ類ならいくら食べても問題ありません。空腹後の食事に関しても、一般的なメニューであれば、特に制限もなし!

断食以外の時間は、一般的なメニューであれば何を食べても大丈夫!photo by Adobe Stock

また、できれば毎日行いたいところですが、無理ならば週1回、週末だけでもOK。それでも難しい人には、空腹時間を少しずつづつ伸ばしていく方法でも◯。

これでオートファジーが機能するなら……やらない選択肢はありませんよね?

16時間断食と一緒に行いたいこと

「この究極の食事法には、1つだけデメリットがあります。それは筋力が落ちてしまうこと。オートファジー機能で内臓脂肪が分解される際、どうしても筋肉が一緒に落ちてしまいます。なので、断食をしながら並行して簡単な筋トレを行なってください」(青木医師)

筋トレといっても、階段の登り降り、腕立てと腹筋をできる回数だけなど、日常生活の延長にある運動で十分です。

16時間断食で、体の内側はもちろん、髪や肌もボディラインも細胞から丸ごと変化していくのをぜひ実感してみましょう!

教えてくれたのは……青木厚先生

青木厚

医学博士。あおき内科 さいたま糖尿病クリニック院長。自身が40歳のときに舌がんを患うも完治。その後、著書にあるよう1日2食、16時間断食を用いた食事療法を実践し、がんの再発を防いでいる。著書に「空腹こそ最強のクスリ」(アスコム)がある。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ