無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぼる塾・田辺×デニーズの「ババロア」実食 懐かしくて新しい味がたまらない

グルメ

1980年代に流行ったババロアに目をつけた田辺さん。知らない世代に向け、昭和レトロなスイーツを今風に考案しました。

29日、レストランチェーン・デニーズから、お笑いカルテット・ぼる塾の田辺智加さんとコラボレーションしたデザートが爆誕。

ぼる塾

さっそくfumumu取材班が実食しました!

■田辺さんコラボは毎回激売れ

今回の新商品は、『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)の番組企画として、商品開発を行ったもの。過去にも田辺さんが「シャトレーゼ」や「ユーハイム」で考案した商品は、いずれも激売れしています!

番組企画として、商品開発

開発にあたり、田辺さんが注目したのは1980年代に流行したスイーツ「ババロア」。コンビニやファミレスで見かけない昭和レトロなスイーツを、20代向けにしたレシピを考案しました。

■レトロなババロアが新しい

そして出来あがった商品は、「ちょっと懐かしいババロア~フレッシュの桃を添えて」(493円・税込)。

半円型のババロアにうっすらピーチソースがかかり、紅茶ゼリーが敷かれています。後ろにはフレッシュな桃とミントがちょこん整列。ミルキー感となめらかさにこだわって仕上げたそうです。

■ババロアも脇役たちも美味

ババロアにはバニラが使われているのでしょうか、甘すぎず強すぎず、柔らかくて優しい味なのに古臭さはありません。

もちろん単品で食べても美味しいのですが、脇役たちがまた良い…!

筆者は以前からデニーズのデザートに対し、”主役を引き立てる脇役メンバーも秀逸”と感じていたのですが、今回も期待通りでした。

上にかかったピーチソースはあくまで”うっすら”。ほんのり桃を感じながら食べるババロアがすごくよかったです!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ