無料の会員登録をすると
お気に入りができます

使わなくなった「シャンプー、コンディショナー」捨てたら損!知って得する“4つの賢い活用術”

ライフスタイル

シャンプーやコンディショナーは、新しい種類を使い始めて残ってしまったり、リンスだけ残ってしまったりすることはありませんか? そんな残ったシャンプーやコンディショナーは捨てるだけではもったいない! 活用方法をご紹介します。

残ってしまうシャンプーやコンディショナー

stock.adobe.com

シャンプーとコンディショナー、同じ種類で使っている方も多いかと思います。新しい種類に買い替えようかなというときに、どちらかが残ってしまって、捨てるのはもったいないけどどうしよう……と悩んでいる方はいらっしゃいませんか? そんな残ってしまったシャンプーやコンディショナーの活用方法を今回はご紹介したいと思います。

残った「シャンプー」の活用方法

汚れたブラシの掃除に使う

stock.adobe.com

頭皮の皮脂や汚れがついてしまったブラシやくしの掃除は、シャンプーを使って取り除くことができます。

1. 洗面器に水を張り、そこにシャンプーを数滴入れてよく泡立てる。
2. 汚れたブラシやくしを洗面器に入れて数時間漬け置く。
3. 漬けたブラシやくしを洗面器の中でゴシゴシと軽くこすれば汚れが取れます。

汚れた頭皮の汚れは、シャンプーで落とすのが一番です。ただし洗う場合は、ブラシやくしの素材に注意してください。水に濡らしてはNGなものや、シャンプー入りの水につけておくと変色してしまうような素材のものの場合は、この方法は行わないようにしてくださいね。

曇り止めに使う

stock.adobe.com

シャンプーを、濡らしたタオルに数滴つけて鏡や窓を拭くと、曇り止めとして使うことができます。
また車の窓にも応用することができるので、試してみてください。シャンプーはつけすぎないように気をつけてくださいね。

残った「コンディショナー」の活用方法

静電気予防に使う

コンディショナーは静電気を抑える効果があります。この効果を利用すると、掃除などで活躍します。

stock.adobe.com

洗面器に数滴コンディショナーを入れ、その中にタオルを入れて濡らします。そのタオルでテレビやパソコンなどを拭くと、静電気を防止することができます。
テレビやパソコンなどは、埃が溜まりやすい場所ですが、このようにコンディショナーを含んだタオルで拭くことで、静電気が発生しづらくなり汚れも付きにくくなります。
ただし電化製品を拭く際には、故障の原因にならないように、水分が残らないようにしっかり水分を絞ったタオルで拭くようにしてくださいね。

stock.adobe.com

また同様に、網戸を掃除する際にもコンディショナーが含まれた水で絞ったタオルで拭くと、網戸に埃の汚れが付きにくくなりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ