無料の会員登録をすると
お気に入りができます

部屋が散らかっている人はやっていない。キレイな部屋に変わる“収納3つのポイント”

インテリア

忙しい毎日の中で、キレイな部屋をキープするのは難しく感じませんか? 片付けるのが面倒だと、だんだんと部屋も散らかりがちに……。そんなときは整理収納アドバイザー1級のsamiaさんに、「ラクに片付けられる3つのポイント」を教えていただきましょう。

ラクにモノをしまうために必要な「3つのポイント」!

www.youtube.com

モノを使うときは取り出すのがちょっと面倒でも苦になりませんが、しまうときにはその面倒さが高いハードルになります。あとまわしにしているうちに、あっという間に部屋が散らかってしまいますよね。これを防ぐためには「ラクにしまえること」が重要です。

ラクにしまうためのポイントは次の3つです。
・動かずに
・一度で
・簡単に
よく使うモノは、この3つを守って収納しましょう。

ポイント1:「動かずにしまえる収納」

www.youtube.com

立ち上がったり歩いたりしなくてもモノを戻せるように、モノを使う場所のすぐ近くに収納しましょう。座ったままでラクに戻せれば、わざわざ片付けの時間をつくる必要はありません。先入観は捨てて、「どこで使うものなのか」を考えてみてください。

例えばホットプレート。わが家では以前キッチンに収納していましたが、よく考えてみたらいつも使うのはリビングです。そこでリビングの棚に置き場所をつくったところ、出すのも片付けるのも格段にラクになりました。
外出先に持って行く「家の中で使わないモノ」は、部屋の中まで持って入る必要はありません。例えば、バッグは玄関のフックにかけて収納してみては? 床の上に置きっぱなしにするのを防げます。

必要なものを一度で出し入れするには?

ポイント2:「一度でしまえる収納」

www.youtube.com

いろんな場所を開けたり閉めたりしなくていいように、一緒に使うモノはひとまとめにして収納しましょう。例えば、朝食のときに食卓に出す調味料やおかずなど。それぞれ別の場所に置いてあると、ひとつひとつ出したり戻したりするのが手間なので、ケースに入れてひとまとめにするのがおすすめです。本来は冷蔵庫に入れなくていいモノでも、あえて一緒にしておくと毎朝ラクちんです。

子どもの学校の行事に行くときの持ち物も、まとめて玄関に収納しています。ペンケースや名札、上履きや外履き入れが入っています。帰ってきたら全部ここに入れるだけ。次回の支度もスムーズになり、忘れモノを減らせます。

ポイント3:「簡単にしまえる収納」

www.youtube.com

片付けの動作数やストレスをなるべく少なくしましょう。フタ付きの収納ボックスに入れたり、引き出しの中に入れたりする収納方法だと、フタを開けてモノを入れてフタを閉める、引き出しを引いてモノを入れて引き出しを戻す、という3つの動作で両手を使う必要があります。
箱の上にモノが置いてあったり、ケースに入れてあったりするとさらに手間が増えるので、片付けのハードルがぐーんと高くなります。

よく使うモノはケースに立てるだけ、フックにかけるだけというように、片手で出し入れできる方法がおすすめです。ぎゅうぎゅうにたくさんモノが入っていると、モノをどかすという動作数が増えてしまうので、ゆとりを持たせることも大切です。

ラクにきれいな部屋をキープしよう

3つのコツをおさえてモノの場所を決めると、生活の中で自然に片付けられるようになります。きれいな部屋をキープしやすくなるので、ぜひチャレンジしてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ