無料の会員登録をすると
お気に入りができます

年下にも年上にもモテる「王子様女子」って?[プロミス・シンデレラ考察]

エンタメ

コラムニストのトイアンナさんが、TBS火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』を毎週考察&展開予想するコラム。無一文、無職、宿なしの人生崖っぷちバツイチアラサー女子がつかむのは、愛か金かそれとも……?

※このコラムには『プロミス・シンデレラ』エピソード第6話までのネタバレが含まれます。

(c)TBS

「シンデレラ」という言葉がドラマの名前についたなら、どの視聴者も思ったことでしょう。シンデレラとは女の子のことで、王子様が迎えに来る物語なのだと。

期待を裏切りごめんなさい。『プロミス・シンデレラ』は2021年の物語。そこにあるのは新しいシンデレラの形だったと分かるのが、第6話の展開でした。

突然迎えに来た元夫

(c)TBS

いきなり「他に大事にしたい人ができた」と離婚を切り出されたアラサー・早梅(二階堂ふみ)は、すでに元夫の正弘(井之脇海)とはスッパリ縁切りしたつもり……だった。ところが、勤め先である旅館にその元夫が突撃してくるのです。

うわあ……嫌すぎるわ。働いたことのある人間なら、誰もが悪夢に思うことでしょう。揉めた相手が職場へ突進してくるなんて、職場への迷惑を考えただけで冷や汗が止まらない。

しかも、正弘は「友達からやり直せないか」と早梅へ迫ります。いやいや、あなた最近浮気して、離婚したばっかりでしょ? 早梅は竹を割ったようにバッサリ元夫を切り捨てます。

「正弘。私たちこれで本当に終わりにしよう。私の目の前に二度と現れないで。でも、おかげで大事なことに気づけたから、感謝してる」

それでも詰め寄る正弘から早梅を救ってくれたのは、旅館の副社長にして初恋の相手・成吾(岩田剛典)でした。

大人の余裕がなく、家を追い出される壱成

(c)TBS

その頃、成吾の弟であり、早梅と同居していた壱成(眞栄田郷敦)は実家を追い出されます。早梅を家から叩き出した上、執事の吉寅へ暴力を振るったことで祖母に叱られたのです。勢いで家を飛び出したとはいえ、一文無しの壱成。頼れる友人に電話するも、次々と裏切られます。

自分と付き合う友人が、金目当てだったことに改めて気づかされる瞬間でした。けれど、その原因が自分の横暴な性格にあることも重々承知です。

そして、クラスのいじめられっ子から、「何がそんなに気に食わないの? 片岡君はそんなに恵まれているのに」と質問されて、壱成は「俺が一番気に食わねえのは、俺だよ」と漏らす。なんという、客観視する能力。

大人にだって、自らの横暴な振る舞いのせいで孤立したくせに「なんで誰も俺を愛してくれないんだ!」と叫ぶ人なんて、いくらでもいるのに……。壱成は下手な大人より自分を客観視でき、成熟している事実がここでうかがえるのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ