無料の会員登録をすると
お気に入りができます

習慣が変わった人が約55%。コロナ禍で「やめた習慣」と「身についた習慣」

ライフスタイル

新型コロナウイルス感染症の影響でステイホーム期間が続いていますが、人々の“習慣”に変化は見られるのでしょうか? 今回は、マイナビウーマン読者世代の働く未婚女性に、コロナ禍を経て習慣がどのように変化したのか実態調査を行いました。

新型コロナウイルス感染症が流行し、早1年9カ月。不要不急の外出は自粛が求められ、生活様式もガラッと変わりました。

そんな中で、“習慣が変わった”という方も多いのではないでしょうか。

今回は、マイナビウーマン読者世代の働く未婚女性に、コロナ禍での習慣の変化についてアンケート調査を行い、新しい習慣を身につけてよかったと思うポイントなどについても聞いてみました。

まんねりした生活に変化をもたらすような習慣があるかも!? チェックしてみましょう!

コロナ禍で習慣は変わった?

まずは、コロナ禍を経て習慣が変わったのかどうかを調査してみました。

「変わった」と回答した方が約55%と、「変わらない」より若干多いという結果に。

生活様式は変わっても、習慣は変わらなかった方が半数近くいることには驚きです。

コロナ禍でやめてしまった習慣

次に、「習慣が変わった」と回答した方に、コロナ禍にやめてしまった習慣と、なぜやめてしまったのかその理由を調査しました。特に多く挙げられた習慣をメインに、5つ紹介します。

外食

・感染が心配なので、店内飲食はせずテイクアウトを利用するようになった(35歳/事務系専門職)

・外出することによってコロナ感染のリスクが増えるから。 住んでいるのが田舎なので、もし自分がコロナにかかったら大変なことになる(30歳/その他)

運動

・外出したくないのでジムに行かなくなった(29歳/秘書・アシスタント職)

・マスクしながらはきついので(28歳/その他)

化粧

・在宅勤務になり、直接職場の人と会うことがなくなったから(29歳/クリエイティブ職)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ