無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋と言えばべっ甲♪簡単赤べっ甲ネイルのつくり方2選

秋になるとアクセサリーなどで使いたくなる、べっ甲柄。大人ファッションによく似合うオシャレアイテムです。オレンジや茶系のべっ甲柄以外にも特にネイルでは様々なカラーのべっ甲があります。今回はフットネイルに使用したいので赤のべっ甲を2パターン、マニキュアでのアートのやり方と共にご紹介します。

ネイル

濃いめ赤べっ甲フットネイル 使用カラー

左から
PAネイルカラープレミアgpa01
Ducatoカカオ
リキュールネイル3濡羽色
PAネイルカラーcr06

一番左のPAのレッドは2018秋の新色で、クリア気味の赤色マニキュアです。

原色赤のクリアタイプはプチプラではあまり取り扱いがないので、通常の赤にトップコート等のクリアカラーを混ぜてクリアレッドを作っても便利です。

濃いめ赤べっ甲ネイル 描き方

1.ベースコートを塗った爪にクリアレッドを軽く1度塗りします。ムラがあってもOK。

2.クリアレッドを塗ったすぐ後に、ブラウンを数カ所適当にドットのように置きます。

3.クリアレッドのマニキュアの筆を使って、ブラウンを馴染ませていきます。

混ぜすぎないことがポイントです!ドットのように置いたカラーの周りの部分をトントンとぼかすイメージです。

4.トップコートなどのクリアマニキュアを全体に塗り、フラットにします。

ここまでの工程でお好みの柄になりましたら、完成です。次の工程は更に奥行きを出す為のものです。

5.柄がぼやけすぎていたりする場合には、クリアブラックを使って調整します。濃淡を感じられる方がよりべっ甲柄に近づく為です。

6.トップコートを塗ったら完成です。

他の爪は親指のべっ甲に使ったカラーを塗っただけにして、全体をまとめました。

2パターンめはややピンク寄りな印象の、ライトな赤べっ甲ネイルです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ