無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鰻よりもおいしいかも!?3度美味しい!鶏のひつまぶし

ひつまぶしと聞くと鰻を思い浮かべますよね。鰻はお値段もいいしそんな頻繁には食べられないけど…鶏ならおうちで気軽に楽しめてオススメです。

レシピ

鶏のひつまぶしの作り方

名古屋名物ひつまぶし。名古屋っ子の私はもちろん、我が子も大好きなものです。子ども達が大きくなって鰻2尾を分けて食べるなんて到底足りるわけがなく…。それでも土用の丑の日には奮発して食べるわけですが。

もっとお手軽に食べられたらいいなって思っている時に、焼き鳥屋さんの〆のご飯で鶏のひつまぶしが出てきたのです。

これが鰻にひけをとらない美味しさ。香ばしく焼かれた鶏モモに甘辛いたれ。それに薬味をのせたり、お出汁をかけていただいたり、この美味しさを知ってから我が家の定番メニューとなりました。

飯台に盛り付けるとご馳走感が増します。ご飯に檜の香りが移って美味。まずはそのまま次は薬味をのせて、お出汁をかけてとエンドレスで食べたくなってしまうのです。

それでは作り方です。

材料(4人分)

ご飯…3合
鶏モモ肉…大2枚
★しょう油…大さじ3
★みりん…大さじ2
★酒…大さじ1

お出汁の材料
濃いめのだし汁…600cc
しょう油…小さじ1
塩…小さじ1/4
薬味…刻みねぎ、刻み海苔、わさび

作り方

① 鶏モモ肉は厚さを均一にして★の調味料を加えて30分ほどつけ込んでおきます。

② ①を熱したフライパンでこんがりと両面焼きます。鶏肉を食べやすい大きさに切ります。鶏肉を焼いているときにお出汁の材料を入れて一煮立ちさせておきます。

③ つけ込んでおいたつけ汁をフライパンに入れて煮詰めます。

④ 炊きあがったご飯を飯台にうつして③のたれの半量をまわしかけます。鶏肉をきれいに並べて残りのたれをかけます。

⑤ 薬味とお出汁の準備をして出来上がりです。

1膳目はそのまま

最初の1膳目はご飯と皮がパリパリ焼けた鶏だけでシンプルに味わいます。甘辛だれがご飯によく合います。

香ばしく焼けた皮もご馳走なので、焼くときは皮の方からしっかりと焼くと美味しさが増します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ