無料の会員登録をすると
お気に入りができます

朝飲むだけ!白湯の美容効果とは?

美容

白湯とは水を一定時間沸騰させ続けて作るもので、90度以上のものが「白湯」の定義とされています。
白湯には不純物が入っていないため赤ちゃんでも飲むことができ、体内をキレイにしてくれる働きがあると言われているんです!
ダイエット効果も期待されている白湯。今回はそんな白湯の美容効果や作り方をご紹介します。

ステップ2:沸騰後10~15分火を止めずに放置

沸騰後すぐに火を止めずに、10分~15分程度、様子を見ながら放置しましょう。

しっかりと沸騰させることで不純物を浄化させることができます。この時お湯が吹きこぼれないように注意してください。

ステップ3:50度前後になるまで待つ

カップに注いだら冷まして、50度前後になるのを待ちましょう。フーフーと冷ましながら飲むイメージです。

1度に飲む量は1日に800ml程度を目安としてください。飲み過ぎると、逆にむくみが発生したり、胃の働きを悪くすることがあるため注意が必要です。

白湯の効果的な飲み方

bybirth.jp

起床直後がベスト

朝起きたらまず1番に白湯を飲みましょう。夜のうちに溜まった毒素を排出し、消化を促す効果が期待されています。

飲み方としては、ゆっくりと飲むことがおすすめ。じんわりと少しずつ体内に染み込ませていくイメージで習慣化してみましょう。

朝はコーヒーを飲むという方も、白湯を飲む習慣を毎日続けていると、朝の体のスッキリ感や寝起きの怠さなどが改善されるはず。

就寝前に飲むことで睡眠の質がアップ

就寝15分~30分前に白湯をコップ1杯飲みましょう。眠る前の白湯は、体を内側から温めてくれることでリラックス効果が高まり、睡眠の質を上げる効果が期待できます。

また意外にも睡眠中は冷えやすいのが特徴。朝起きてむくみや冷え、寝起きのだるさを感じている方は、ぜひ就寝前の白湯を試してみて。

飲みすぎるとトイレに行きたくなる場合があるため、コップ1杯程度に留めておきましょう。

食事前や食事のお供に

昼食や夕食の食事中にも、白湯をゆっくりと飲みながら食事をとると良いと言われています。白湯によって消化器官などの働きを促してくれるので、食事の消化、吸収を高めるのに役立ちます。

さらにゆっくりと白湯を飲むことで、自然と食事のスピードも緩まり、咀嚼回数が増える効果も。咀嚼回数が増えることで、満腹中枢が刺激され、食事の量を抑えることができます。

食べ過ぎ、早食いを防止することができるため、ダイエット効果も期待できるのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ