無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家事の合間にできてスッキリ!「片付け5分」の簡単リセット法

ライフスタイル

少し時間に余裕のある休日などを利用して、日頃できそうでできなかった片付け・整理でものを見直してみてはいかがでしょうか。季節の変わり目にスッキリな空間にリセットしてみると気持ちの切り替えにもなります。各スペースごとに5分くらいでパパッと手軽にできる「ここだけ」簡単リセット法をご紹介します。

まずは、出しっぱなしを片付ける

時間がある時に片付けようと思ったまま、ソファや階段、椅子などに洋服や本など置きっぱなしになっていたら、まずはそこから片付けてみましょう。(片付け=元の収納位置に戻す)
そして片付けたついでに、戻した収納場所の中身も見直してみましょう。この夏一度も着なかった服や手に取らなかった本や雑誌など、整理できるものが出てくるのではないでしょうか。
整理の判断は〈使ったか〉〈使わなかったか〉〈これから使う(使い切る)〉が鉄則です。「いつかまた着るかも」「また読むかも」「もったいないかな」の気持ちを優先するのではなく、これからどう暮らしたいかという気持ちで整理してみると良いでしょう。

出しっぱなしになっていたものが片付き、床や机、階段などスッキリすると気持ちも前向きになります。
そして一気にやろうとはせずに、片付けついでに5分くらいでできる整理を繰り返しながら、少しずつ進めることが大切です。片付いた状態や整理することが習慣化しやすくなります。

1:身だしなみを整える場所を優先的に

玄関

家の第一印象にもなる玄関。玄関たたきに靴が出しっぱなしになっていたり、玄関ホールに宅急便で受け取ったままの荷物がそのままになっていたら、そこから片付けましょう。そして片付けたついでに、壊れたビニール傘や使っていない折り畳み傘、履いていないスリッパなどがないか見直してみると、整理できるものが意外と出てくるのではないでしょうか。

また、玄関収納などの棚上に、つい“ちょっと置き”をしてしまうようなら、棚の中心に絵や写真などを置いて“ちょっと置き”しにくいようにするとよいでしょう。鍵など置く場合も小皿を定位置にして、〈帰ったらこの上に置く〉がわかりやすいように定位置をつくると戻しやすく散らかりにくくなります。
きっと玄関から入った時の印象もガラッと変わります。

洗面スペース

身支度など一日のうちに何度も使う洗面台。しばらく使っていないスプレーやスキンケア用品、サンプル品など出しっぱなしになっているものがありませんか。

今使っていないものは思い切って処分していきましょう。サンプル品や頂き物の入浴剤など使わないまま処分しにくいと思う時は〈今日から使い切る〉というように、どんどん消費していくのがおすすめです。
また、毎日使っている洗顔フォームやスキンケア用品や綿棒など細々したものは、よく使うものでも洗面台に置かないようにして、洗面台上に置くものはコップやハンドソープなどと厳選すると、掃除もしやすくなり毎日の快適さにつながります。

浴室

水回りの中でも最もカビに気をつけたい浴室。しばらく使っていないトリートメントやお風呂用洗剤など置きっぱなしになっているものは浴室から出して、今使っているものだけにしてみましょう。掃除もしやすく衛生面でも安心です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ